コタロウと母さんの日記

donmaru.exblog.jp

未熟児で生まれた息子の成長&治療の記録。それから母さんの好きなこと、雑話、愚痴などなど・・。

タグ:脊柱側弯症 ( 4 ) タグの人気記事

小児整形外科の定期検診

小児整形外科を受診してきました。レントゲンを撮ってから診察。春に学校から来ていた「脊柱側弯症のため、医療機関を受診してください」のお便りを持って行きました。脊柱側弯症は去年からわかっているから次の受診日に病院のハンコをもらえばいいよね~って母さんの勝手な判断で、今頃になってしまったわけです。

お便りの検診結果の欄には、病名と養護の先生からのコメントが。「※姿勢にも気を付けるようにお家でも声をかけてあげてください」と。これを読んだ小児整形のKドクター、
「ほらね?勘違いしてる。こういう風に言う人が多いけど、姿勢に気を付けろとか、そういう問題では全くないんだよ」

そうなんだよねぇ・・・。コタロウの場合、形の悪い脊椎がひとつだけある。それで、身体(脊柱)がバランスをとるために側弯と後弯が起こってきているってこと。見た目猫背で姿勢が悪く見えてしまうけれど、それはいつも姿勢が悪いからそうなったとか生活習慣のせいだとか、そういうことじゃないそうだ。

コタロウの側弯は、前回のレントゲンと比べて良くも悪くもなっていない、とのこと。診察の最後にKドクターから
「毎日腕立て伏せをさせてください。」
と言われました。腕立て伏せは背中あたりの筋肉も鍛えられるから良いらしい。側弯が自然に改善されるケースがあって、それはどうやら筋肉の発達と関係がありそうだ・・というお話でした。

自然に改善されることなんてあるの??って驚いたけど、そう言われちゃ やるしかないでしょ!お腹が下に突き出た妙なカッコの腕立て伏せですが、毎晩がんばっているコタロウです。
側弯が悪化していないので、成長ホルモン治療の方はまだ続ける予定。小児整形外科の次の診察は、卒業式が終わってからです。小学校生活もあと少しだね~。
[PR]
by melmo-44 | 2014-09-07 07:51 | SGA性低身長症 | Comments(6)
今週の月曜日は小児整形外科の受診日でした。
まずはレントゲン、それから診察。レントゲンの結果は・・というと、4か月前と変わりなし。良くも悪くもなっていない、ということでした。その間の身長の伸びは2cm弱。

「変わりはないようなので、成長ホルモン治療は続けてあげてください。これで身長が止まってしまったら本人がかわいそうでしょう?身長の伸びをとって多少の悪化(側弯症の)を許容するのか、っていう話になってきてしまうけれど、この程度の側弯だったら身長を伸ばしてあげた方がいいと思いますよ。」
と、Kドクター。

確かにねぇ・・。成長ホルモン治療をしていなかったらコタロウは今でもダントツ一番小さくて、5年生だっていうのに
「あの子、1年生?2年生?」
なんて言われていたかもしれない。その上 思春期が早くきてしまったから、なおさら。内分泌と未熟児外来のドクターに言われた「最終身長140cm」っていうのも今なら想像がつきます。

脊椎側弯症と診断されてからというもの、無理に身長を伸ばしたせいで肝心要な背骨を歪めてしまったっていう思いが強くて、コタロウに申し訳ないような気持ちでした。この先 大人になってから、側弯症からくる体の不調が出てくるんじゃないか、成長ホルモン治療なんてしない方が健康な体でいられたのか・・って。

因果関係は[]ですが、成長ホルモン治療をしなければ側弯は起こらなかったのかもしれません。でも、治療をせずにこの段階で思春期がきていたら、私はすっごく焦ったと思う。「やっぱり治療をしてあげるべきだった」って。

いろいろ考えてしまったけれど、でも成長ホルモン治療ができたことはよかったんだよ・・って、今は思っています。ただ、側弯が酷くなる傾向が見られた場合には治療を中止するってことも念頭に入れて、治療を続けて行きたいと思います。

子育てって、なかなか骨の折れる仕事だわ~。選択に迷ったり結果に悩んだり、後悔しては また考えを改め直して気持ちを切り替えて・・ってことばっかり。でも、コタロウが成人するまでは とにかく頑張らなくちゃ。
[PR]
by melmo-44 | 2014-02-15 16:13 | SGA性低身長症 | Comments(4)

小児整形外科 初受診

今月初め、行って来ましたよ~大学病院の小児整形外科。個人病院で撮ったレントゲンのデータを持参して。それがね~、
「ちょっと画像が不鮮明ですねぇ。撮り直しましょう!」
ってことで、当日レントゲンを撮り直し。毎度のことながら「レントゲン」と言われると・・軽く憂鬱な気分になる母さんです。コタロウ、生れたときから数えると(実際には数えてないから正確な数字はわからないけど)、100回近くレントゲンを撮っているんじゃないかと思います。どこかで聞いたか見たのかなぁ、「レントゲン被ばく」って言葉が浮かんできてしまって。

最初の診察後レントゲン撮影をして、そのあとに再度診察。そこで見た鮮明なレントゲン写真に目が釘付けになってしまいました。とっても綺麗な骨の画像なのよ!めっちゃめちゃ鮮明な画像。骨って綺麗ね~美しい!なんて感心している場合じゃありません。コタロウの背骨の湾曲が、クッキリ・ハッキリ見えてしまいました。
「けっこうな角度、曲がってるじゃん・・・」

このまま成長ホルモン治療を続けても大丈夫なのか、止めた方がいいのか、そこんとこが一番の心配でそれを相談しに行ったわけです。が、しかし・・・
「成長ホルモンを続けたからといって側弯が悪化するとは言えません。治療を止めたとしても、悪化する時は悪化します。」
と、小児整形のKドクター。

・・ってことはだね、治療を続けても中止したとしても、その後どうなるか先のことは全くわからないってことですか??と理解した母さんがそのようにドクターに尋ねると、
「はい、その通りです。内分泌のSドクターとよく相談して、お母さんに決めていただくしかありません。」

あ~、なんだかすっごくがっかりした。コタは治療を続けたいって言ってるけど母さんは身長のこと以上にコタの身体のことが心配。小児整形外科の専門のドクターに診てもらえば何かヒントを得られると思って期待して受診したわけです。もしも「成長ホルモン治療は止めた方がいいかもしれない」っぽいことを言われたら・・・治療は即やめようと思ってました。でも、SGAの成長ホルモン治療に関してはまだデータが少ないだろうからKドクターの言うことは尤もなんでしょうけど。

その20日後に内分泌外来の診察があったので、母さんがSドクターにその旨を伝えると(電子カルテにレントゲンデータと小児整形Kドクターからの伝言はあるんだけどね)、
「次回の小児整形外科の診察日(4カ月後)まで待って、その検査の結果を見て、成長ホルモンを続けるかどうかは決めましょうか。側弯が悪化しているようだったら治療は中止、全く悪化していないようだったら治療を続けてみましょう。治療できる時間は限られていますから。」
と言われました。

小児整形Kドクターの診察後、実は母さんも全く同じことを考えていました。だから4ヵ月後まで待って、次のレントゲン検査の結果を見てから今後の治療をどうするかを決める、という意見には異議なし。賛成。
そうすることにします。
[PR]
by melmo-44 | 2013-10-27 21:45 | SGA性低身長症 | Comments(4)

リュープリン注射2回目

内分泌外来でした。2回目のリュープリン注射を打ってきたコタロウです。先月の初回は左腕に打ったから、今回は右腕。左右交互に打つそうです。

先月からリュープリンを打ち始めて、ここ1年近くは毎月約1㎝ずつ伸びてきた身長の伸びが 緩やかになりました。これは、リュープリンで思春期を抑えて ぐーんと伸びる思春期の伸びを止めたわけで、成長ホルモンだけの伸びに戻した、ってことらしい。思春期が進むと骨の成長もぐんと進んで早く骨端線が閉じてしまい、結果身長の伸びが止まってしまうようです。

成長ホルモン治療をするかどうかでも思い悩んだけれど、開始してからは前向きになれたんだよね。けど、なんでか今回は不安感が拭えなくて・・・。
ドクターは1年くらいの治療になると思うって言ってたけど、注射をやめたらちゃんとまた思春期が戻ってくるのか、男性としての機能が衰えることはないのか、とか・・いろいろ心配。で、Sドクターに質問してみました。そしたら、
「心配性だねぇ。成長ホルモンを始める前もいろいろ心配してたけど、大丈夫だったでしょ?注射をやめれば思春期は戻ってきますよ。」
そんなこと仰いますけど先生!そりゃ~親だもの心配しますってば!

脊椎側弯症の方は、診察・診断をしてくれたのは個人病院の整形外科。その話をSドクターにするとちょっと表情が変わって、
「前にもお話したけれど、成長ホルモン治療をしていると左右の発達に差が出て側弯が起こることがあります。治療の関係もあるから、ここ(大学病院)の小児整形で診てもらいましょうか。」
ってことになりました。

確かに側弯の話をちょっとだけ聞いたのは覚えてるけど、全然ピンときていなかった。ん~、やっぱり治療のせいなのかなぁ・・

最初に診察してもらった個人病院で、大学病院への紹介状とレントゲンのデータをいただいて、来月初めに小児整形外科を受診する予定です。

カズ男さんも目の手術をしたりといろいろあったしコタの通院も頻繁だしで、有給を使い果たしてしまって欠勤になっている母さんです。もうこれ以上は仕事休めないってのに~。
[PR]
by melmo-44 | 2013-09-21 07:24 | SGA性低身長症 | Comments(4)