コタロウと母さんの日記

donmaru.exblog.jp

未熟児で生まれた息子の成長&治療の記録。それから母さんの好きなこと、雑話、愚痴などなど・・。

タグ:父さん ( 24 ) タグの人気記事

気が付けば・・・2ヵ月近くも更新していませんでした。コメントを入れてくれた皆さんのブログへのコメント返しが全くできずに、ごめんなさい!

4年生の後半から5年生の中頃にかけて不登校気味だったコタロウですが、今は学校へ通えるようになりました。6年生になり登校班では班長だし、縦割りの掃除班でも班長だしで、忙しい学校生活を楽しんで?いるようです。コタロウが学校へ通えるようになったのは、アトリエの活動のお陰だな~って、アトリエに感謝感謝の母さんです。

4月に入ってからのことですが、珍しくアトリエのH先生から母さんに連絡が入りました。
「お母さんにお話ししたいことがあるので、ちょっと寄ってください!」
こんなことは初めてなので、話ってなんだろ?なんだろ??って、すごく気になりながら仕事帰りにアトリエへ。
するとアトリエのH先生が、今までに(この1年間に)アトリエでコタロウが描いた絵を見せてくれました。母さんは全く知らなかったのですが、H先生は絵を教える美術の先生ってだけではなくて、子供の絵の心理学の先生なんだって。東京の専門学校で講義を持っているって話を初めて聞いて驚いた!

一年と少し前、アトリエに通い始めた頃のコタロウが描いていたのは、空を飛ぶ龍の絵ばかり。どれも、黒・赤・黄の3色を使って描かれています。線は丸みがなくてトゲトゲしていて固いかんじで、なんだか苦しそうな絵でした。先生が、この3つの色ばかりを使う意味や「飛ぶもの」ばかりを描く子供の心理状態を説明してくれました。
最初に描いた絵から順番に見ていったのですが、苦しそうだった固い絵が、だんだん他の色も増えて線が丸みを帯びてきて、伸び伸びした絵になっていく様子がわかりました。

「いつかお母さんにこれを見せなくちゃって思っていたんですけど、お母さん自身も大変なのがよくわかるから、時期が来たら・・・って考えてました。それでね、コタロウ君が最近になって初めてお父さんを表現してくれたものがあるので、これを機に、と思って。」
と言いながら、H先生が最後の1枚を。それを見ながらH先生の説明を聞いて、母さんは本当に納得してしまいました。コタロウは、お父さんに置いて逝かれた、っていう思いが今になって強くなってきているんだな・・・って。
「どうして?なんでお父さんはボクを置いて逝ったの!」
そういうコタの強い思いが伝わってきて、胸が詰まりました。

たぶん、父さんが亡くなったときには、コタにそういう感情はなかったと思う。でも、あれから3年近く経つわけで、コタはどんどん成長して、当時抱かなかった感情が芽生えてきたり、いろんなことを感じて考えるようになってきたんだと思う。コタロウにとって父さんの存在は、亡くなってから更に大きなものに育ってきているのかもしれない。

先生が仰るには、アトリエの子ども達の間でお父さんの話題が出たことが今までに何度かあったそう。そんな時コタは、まるで家にお父さんがいて、お父さんと昨日そういうことがあった、みたいな話し方をするんだそうです。その後にH先生から意外な言葉が・・・
「実はね、Tちゃん(父さん)と私、同級生なの。いっとき一緒に仕事をしていたこともあるんですよ。今まで言えずにいて、ごめんなさいね。コタロウ君がうちへ来てくれたとき、‘Tちゃん、息子さんのことは引き受けたからね。心配しないで’って、心の中でTちゃんに話したの。」

滅多に人前で泣いたりしない母さんですが、こらえきれずに泣いてしまいました。H先生と父さんが知り合いだったなんて・・・。こんなことってあるんだね。父さんが出会わせてくれたのかな。

先生は更に続けて、
「お母さん、今まで文句も言わずにアトリエでのコタロウ君のことを見守ってくれてありがとう。ラジカセやパソコンをハンマーでぶち壊したりするもんだから、‘こんなことを子どもにさせるなんて、気が狂ってる!’ってお叱りを受けたことが何度もあるんですよ。それにしてもコタロウ君は凄い!普通は2~3ヵ月も壊し続けたら飽きてやめるけど、コタロウ君は一年間続いたものね。アトリエ始まって以来の最長記録ですよ~」

もうホントに泣き笑い!!
いろんなことがありすぎで壁にぶち当たりまくりだけど、その時その時々で素敵ないい先生に出会えてるってことは、コタロウも母さんも幸せです。姑運はないけど先生運はあるんだな。

去年の夏、アトリエから持ち帰ってきたコタロウの切り絵。ハンマーでいろんなモノをぶち壊しながら、創作活動に励んでいるようです。
b0183566_1472617.jpg

明日からまた一週間、仕事がんばります。
[PR]
by melmo-44 | 2014-06-22 14:04 | こども | Comments(8)
実は4年生の途中から不登校ぎみなコタロウでした。朝の「おはよう」の代わりにくたびれた顔で起きてきて「具合が悪い」と言うようになり・・自分で体温計を持ち出して朝イチで何度か体温を測るのが日課となりまして。測っても残念ながらいつも平熱なんだけど。熱がないことを確認すると次は、
「腕が痛くて鉛筆が持てない」
「足が痛い」
更には急に大袈裟に咳き込み出して、
「咳が出て苦しい」
等々。しかし、どう見ても大したことはなさそう。

こんな状態のコタを最初はなだめたり励ましたりしていましたが、毎朝のように休みたがるもんだから母さんイライラ度マックスになっちゃって、
「いい加減にしてよ。お母さん、仕事休めないの!お母さんが働かなかったら生活できないんだよっ!」
なんて酷いことを言ってしまったこともありました。
「わかってるよ・・・わかってるよ・・・」
って、コタロウ泣いてたっけ。

そんなこんなで困り果てていたときに、当時(4年生の後半くらいだったかな)担任のA先生からお電話をいただきました。先生が仰るには、この頃コタロウの様子がオカシイと。A先生に、同じことを何度も聞くのだそうです。些細なことでも何度も何度も確認しないと心配で次へ進めない、という感じなんだそう。それに早口が酷くなってきていて、1年生のときからずっと一緒にいるA先生でさえも、コタが何を言っているのか聞き取れないことが多くなってきた、とのことでした。
「コタロウ君、なんだかとても不安感が強いように思えて気掛かりなんです。学校生活は今だけじゃありませんから、これからもずっと続くわけですから、どうか焦らないでください。コタ君が学校へ行くのを嫌がるときは、休ませてあげてください。」

A先生にそう言われて、なんだか吹っ切れた母さんでした。その頃のコタロウは布団に入ると毎晩必ず、
「お母さん、死なないでね。絶対に死なないでね。」
と言っていました。コタロウ、「お父さんの死」ってことに関しては、ある程度納得して乗り越えてくれたと思うのですが、元気だったお父さんが突然本当に死んでしまったという体験をして、「次にお母さんが死んじゃったらどうしよう」って、凄く不安で怖くなっていたんだろうと思います。それに、
「お父さんの病気は遺伝なの?ボクもお父さんと同じように死ぬの?」
そう言ったこともありました。

幸いにもうちには暇を持て余しているカズ男さんとシズ子さんがいる。コタは本当に体の具合が悪いわけじゃないから、学校を休んで1日中家にいたとしても じじばばに世話を焼かせるようなこともないしね・・
ってことで、ダメそうなときは休ませることにしました。週4日も休まれると、このまま不登校になるんじゃ・・ってさすがに心配になるけど「無理に行かせない!」と自分に言い聞かせ、別にさ、コタが学校に行かなくたってお母さんはどうってことないからねって素振りで平静を装ったりして。

あるとき仲のいいママ友とそんなこんな話をしていたら、
「うちの子が幼稚園のときから通っていたアトリエがあるんだけど、コタ君には向いてると思うんだよね。すっごく自由で、自分のやりたいように思うようにいろんな工作をしたり絵を描いたりするの。先生は絶対にダメとか言わないしホント自由。うちの子は自由にって言われると‘そんなこと言われても・・・。どうすればいいか言ってくれないとできません’ってタイプだからやめちゃったけど、コタ君には合うかもよ」

それはいいんじゃないの!?コタに合いそう!!早速そのアトリエとやらを紹介してもらって電話をかけて、初めて足を運んだのが4年生の3月でした。お試しで一回連れて行ったらコタはメチャメチャ楽しかったようで、
「アトリエに通いたい!」
それからは、アトリエ教室のある毎週水曜日だけは休まずに学校へ行くようになりました。

アトリエへ通い出して7ヵ月ほどたった今でも、アトリエへは楽しく通っています。5年生の夏休み明けからは、朝も「おはよう」と起きてきてすんなり学校へ行くようになりました。また逆戻りする可能性もあるけれど、とにかく今は心身共に調子がいいようなのでホッとしています。


プレハブ小屋がアトリエのお教室。壁は落書き?だらけ。先日のアトリエは、こんな感じでした。この日はみんなで新聞紙をビリビリに破いて新聞紙の海で遊んだんだって。
b0183566_10584781.jpg



このビリビリ新聞紙のトルネードがコタロウです ⇓
b0183566_1059659.jpg
焦らずに、だよね。
[PR]
by melmo-44 | 2013-11-10 11:25 | 学校のこと | Comments(8)
昨日は父さんの三回忌法要でした。

今回は一周忌よりも呼ぶ人の人数を減らしたのですが、それが原因で騒動が起こってシズ子さんとシズ子姉が大喧嘩になりました。昨日の当日は当日で、
「法事には出られますが食事会には参加できないので法要が終ったらすぐに帰ります。」
って言ってた親戚が、夫婦で食事もしていくと言い出した。こっちから電話してお誘いしても
「時間がないので帰ります。」
ってハッキリ言ってたのに~。帰るって言うから2日前に2名分の料理をキャンセルしたばかり。だから、母さんと父さんの弟の料理をそっちに回したわけ。でも料理屋の奥さんが急きょ似たような料理を用意してくれたんだけどね。

母さん、事前の準備から何から何まで一人でやってきたでしょ?仕事も全然休めないし。だからホントに余裕がなくってお疲れ度マックスでヘトヘト~だっていうのに、
「忙しくて泊まれないのよ。法事が終ったら帰るから」
って前日まで言ってたカズ男さんの妹が、三回忌当日の朝お泊りセット持参で現れた!で、法要と会食が済んでから わが家へやってきて、
「今晩はここへ泊まるから。」

泊まるってなると晩ご飯の用意をしなくちゃでしょ?土曜夕方の混んでるスーパーへ出かけるのは億劫だけど仕方がないからスーパーで何か買ってきて済ませちゃおうと思って、
「晩はどんなものがいいですか?」
って聞いてみた。そしたら、
「おいしいお漬物を買ってきて。あとは、まる子さんの手料理をご馳走してね。」
だって。

買い出しに行ってきて何品か作ったけど、全く心はこもってないしムカムカしてるし疲れてるしで、煮物を煮すぎちゃいました。
私の料理を食べた彼女、
「ねえ、この切り昆布の煮物、揚げを何枚入れた?」
って言うから
「2枚です。」
って答えたの。そしたら、
「1枚でよかったのに。これじゃ揚げの味が強すぎて昆布が死んでる。」

「死んでて結構。帰れ!」
と、本気で思った母さんでした。いい嫁ぶらないで(ぶれない)、朝ご飯はシズ子さんにお任せしようと思います。
[PR]
by melmo-44 | 2013-09-08 06:54 | 母さんのこと | Comments(12)
猛暑!

この言葉がピッタリな、昨日と今日でした。先週まではけっこう涼しかったので、
「こんなわけないよね?真夏って、こんなもんじゃなかったよね?」
なんて、職場で話をしていました。

あ~しかし、やっぱり夏は暑いのでした。冬生まれのせいなんだか、暑さに弱い母さんです。夏生まれのせいなんだか、こんな暑さの中でもクーラーをかけずに眠れるカズ男さんです。エコ体質なのねぇ。

今日は朝からお墓の掃除とお盆用の買い出しに行ってきました。ビール(箱)にペットボトルのお茶(箱)にアイスコーヒー(箱)に・・・重たいものがいっぱいで、腰が痛くなってしまったわ。ひとりになっちゃったんだな~って、こんなときに感じます。重たいものを持ってくれるダンナがいる人が羨ましい!すっごく羨ましい!

ま、仕方ないけどね。

父さんがいなくなったこの家で、あのシズ子さんと一緒に暮らしているなんて、奇跡に近いことですよ!いや、奇跡なんかじゃなくてその選択をしたのは母さん自身なんだから、自分がバカなだけか・・。でもコタロウのことを一番に考えての選択なんだから、これでよかったんだと思います。

もしも来世があるとしたら、一切関わりなく交わらないで生きて行きましょうね、シズ子さん!
「ソウルメイト」って言うでしょ?それって、本当にそんなシステムがあるんでしょうか。すごく心配なんですけど・・。お盆の準備をしながら、そんな不謹慎?なことを考えていました。

父さん!幽霊の姿で私の前に出てきてくれない?お盆だし。会いたいなぁ。話したいことや聞きたいこと、山盛りてんこ盛りなんだけどな。
[PR]
by melmo-44 | 2013-08-11 23:16 | 母さんのこと | Comments(2)

『Woman』を見た。

書きたいことは、ある。けっこうある。ネタは満載なんだけど、更新する余裕がない母さんです。
9月は父さんの三回忌。その準備も進めていなかくちゃ・・なのに、まだ日にちが決まっただけ。
高温多湿は身に堪えます。梅雨明け、早すぎだよね。
夏、嫌いだ~。

さっき、満島ひかり主演のドラマ『Woman』 第2話を見たら、眠れなくなってしまった・・・
明日も仕事だから、もう寝なくては。
おやすみなさい。
[PR]
by melmo-44 | 2013-07-11 00:08 | 母さんのこと | Comments(2)

父さんの一周忌

昨日は父さんの一周忌法要でした。父さんが息を引き取ったあの日から、ちょうど一年。

一年と少し前までは、自分が喪主や施主になる日がくるなんて考えたこともありませんでした。だけど、普通に生きているだけでも思いがけない出来事が起こるもんですね・・・。そういえばコタロウを生んだときも そうだったな。自分が680gの未熟児を産むことになるなんて、考えてもみなかった。

一周忌法要では、施主として しっかり務めを果たさなければ・・・という思いが強かったせいか緊張感がありました。シズ子さんの親戚たちは たくさんいるし、遠方からはカズ男さんの親戚たちも来てるしね。
初盆のときはいろいろあって腹が立ったり心穏やかじゃない出来事もあったけれど、今回は事件もなく何事もなく・・・無事に法要とお浄めの会食を終えることができたので ホッとしています。

父さんのことを想って悲しむ余裕はないかんじでしたが、その辺は勘弁してもらって。

もう一年なのか まだ一年なのか・・・
話し相手がいないってのは辛いけど、それでもちょっとだけ自分の気持ちに区切りを付けて、10月からの仕事をがんばりたいな~と思います。

今日は午後1時からパソコン教室なので、行ってきます。まだパソコンは続けてるのよ!
[PR]
by melmo-44 | 2012-09-18 12:00 | 母さんのこと | Comments(6)
この夏は、父さんの初盆。事前の準備から始まって、本当に慌ただしかった!言うことがコロコロ変わるシズ子さん発言にも振り回されちゃったしね。16日の夕方に盆送りをして、今日は後片付けやら何やら・・・。やっと、ちょっと ひと息ついてます。

さすがに、疲れました。
シズ子さんは命令だけで自分では全く動かないし、カズ男さんは足腰弱ってるし。一番相談したい父さんは いないしね・・・ってか、父さんの初盆だから当たり前なんだけど。

幸い、実家の母が手伝いに来てくれたので本当に本当に助かりました。

それがね、変なところが不調になってしまって婦人科へ。内診しているときにドクターから
「環境が変わったり、生活に変化があった?」
って、いきなり言われたんですよぉ。ず、図星!なんでわかるの??予想外のこの言葉に まじでビックリしましたよ。

Kドクター、あなたは見えちゃう人ですか?

Kドクターに軽く事情を話したら、
「ストレスって、こういうところに出やすいんだよ。善玉菌とか悪玉菌って言うでしょ?膣も腸内と同じ。普通だったらこんな状態にはならないけど、ストレスで善玉が弱ってくると、悪玉がはびこるわけだ。これはストレスが原因だね」

2種類の薬をもらって帰って来ました。奥まで入れる錠剤と、塗り薬。
一刻も早く良くなりますように!!(切に願う)

こんな状態ですが、明日から3泊で実家へ帰ってきます。なんだか疲れちゃって帰るのも億劫・・・なんだけど、コタが楽しみにしているので気合いを入れ直して行って来ます。

皆さーん!全然コメント入れられなくて ごめんなさい。
[PR]
by melmo-44 | 2012-08-17 21:00 | 母さんのこと | Comments(16)

つれ

つれがいないって、寂しいもんだなぁ・・・心細いなぁ・・・
決して仲がいい夫婦だったわけじゃないけど、それでもやっぱり寂しいな~。

父さんは大黒柱だったんだなって、今更ながらに痛感しています。

こんなに短い寿命だと知っていたなら・・・もっと大事にしてあげられたのかな。
あのときのサインを私が見過ごしてさえいなければ、父さんは死なずに済んだのかもしれない。

父さんは、私と結婚して幸せだったのかなぁ?
私と結婚したせいで、命を縮めたんじゃないかなぁ。

いろんな後悔の念が、今も消えないんだよねぇ・・・

過ぎ去ったことをどんなに悔やんでみても、どうにもならないってわかってるけど、
それでもやっぱりそんなことを考えてしまって眠れなくなることがあります。

「お母さん、地獄って本当にあるの?」
コタロウにそう聞かれて、
「あるよ。人を殺したり おとしめたり苦しめたりするとね、地獄へ落ちるんだよ」
なんて答えてみたけど、本当に死後の世界があるかどうかなんて、私にはわかりません。

父さんには、私たちのことが見えているのかな?
毎日毎日 仏壇と父さんの遺影に話しかけているけど、これって通じているのかな?

幽霊でいいから出てきてくれないかな~って、心底思う。
コタロウは、父さんの死後 この家で父さんを何度か見ているんだって。
いいな~、コタロウだけ見えるなんてズルいよぉ!!って言ったんだけどね。

まあ、どうにかなって行くのかな・・・
先々の事を考えてみても、どうしようもないものね。何が起こるかなんて誰にもわからない。

父さん、頼むよ!コタロウのこと、ちゃんと見守っていてね。
[PR]
by melmo-44 | 2012-06-24 22:01 | 母さんのこと | Comments(8)

壁紙

写真を撮るのが大好きなので、カメラは父さんじゃなく母さん担当でした。
だから、母さんの写真はあまり ないんです。父さんとコタロウの写真は ある、ある!

私ね、コタロウと父さんの後姿が大好きで、2人の後姿の写真をよく撮ったの。
これは、最後になってしまった2人の後姿。なにを話しているんだろう・・・










b0183566_9351623.jpg



今、これがパソコンの壁紙です。
[PR]
by melmo-44 | 2012-01-27 20:32 | Comments(18)

きっと近くに・・

長い間、わたしは君とともに生きてきた。
そして今、わたしたちは別々に行かなければならない、
一緒になるために。

恐らくわたしは風になって
君の静かな水面を曇らせるだろう、
君が自分の顔を、あまりしげしげと見ないように。

恐らくわたしは星になって
君の危なっかしい翼を導いてあげるだろう、
夜でも方角がわかるように。

恐らくわたしは火になって
君の思考をえり分けてあげるだろう、
君が諦めることのないように。

恐らくわたしは雨になって
大地の蓋をあけるだろう、
君の種子が落ちてゆけるように。

恐らくわたしは雪になって
君の花弁を眠らせるだろう、
春になって、花開くことができるように。

恐らくわたしは小川となって
岩の上で歌を奏でるだろう、
君独りにさせないために。

恐らくわたしはあたらしい山になるだろう、
君にいつでも帰る家があるように。

            『今日は死ぬのにもってこいの日』より (←★amazonリンク)

これはネイティブ・アメリカンに伝わる詩。こんな世界観を持っていたなら、突然の死さえもっと肯定的に受け入れることができるのかもしれない。でも昔々の日本人は、こういう世界観を持っていたはずだよね。

今の私には、とてもこんな風に感じることはできないけれど・・それでも四季を感じながら父さんを感じて生きていけたらなぁ・・・と思う。
[PR]
by melmo-44 | 2011-12-13 09:10 | Comments(12)