内分泌外来に行ってきました。コタロウのリュープリン注射は今回で11回目。思春期早発症の治療を始めてもうすぐ一年になります。

Sドクターから、
「お母さん、どうします?こちらの治療(思春期早発症)の方は いつまでにしましょうか?」
との打診が。
毎度毎度心配しながらリュープリン注射を打ってもらっているので、母さんとしては出来るだけ早く終わりにしたい。でも、せっかく一年がんばった治療を無駄にはしたくない・・・けどやっぱり、この治療は早く終わらせたい。

常日頃から、今年いっぱいくらいで終わりにできたらいいなぁ、長くても小学校卒業までには!と思っている母さん、
「そうですねぇ、できるだけ早めに終了できたらって思ってはいるんですけど。」
と答えました。するとSドクター、
「もう一年になりますよね?じゃ、誕生日の月まで(9月)にしましょうか。」
とのお返事が。

9月まで?もうすぐじゃないの!あと3回で終わり?あ~、よかった。

この治療の成果があったのか無かったのか母さんにはよくわかりませんが、ドクターが言うには思春期を抑えて骨の成長を遅らせた効果はあったようです。
今後の副作用などいろいろな心配はまだ拭えませんが・・・治療の終了という先が見えて、ちょっとだけホッとしました。
[PR]
# by melmo-44 | 2014-08-01 05:51 | SGA性低身長症 | Comments(7)

気が付けば・・・2ヵ月近くも更新していませんでした。コメントを入れてくれた皆さんのブログへのコメント返しが全くできずに、ごめんなさい!

4年生の後半から5年生の中頃にかけて不登校気味だったコタロウですが、今は学校へ通えるようになりました。6年生になり登校班では班長だし、縦割りの掃除班でも班長だしで、忙しい学校生活を楽しんで?いるようです。コタロウが学校へ通えるようになったのは、アトリエの活動のお陰だな~って、アトリエに感謝感謝の母さんです。

4月に入ってからのことですが、珍しくアトリエのH先生から母さんに連絡が入りました。
「お母さんにお話ししたいことがあるので、ちょっと寄ってください!」
こんなことは初めてなので、話ってなんだろ?なんだろ??って、すごく気になりながら仕事帰りにアトリエへ。
するとアトリエのH先生が、今までに(この1年間に)アトリエでコタロウが描いた絵を見せてくれました。母さんは全く知らなかったのですが、H先生は絵を教える美術の先生ってだけではなくて、子供の絵の心理学の先生なんだって。東京の専門学校で講義を持っているって話を初めて聞いて驚いた!

一年と少し前、アトリエに通い始めた頃のコタロウが描いていたのは、空を飛ぶ龍の絵ばかり。どれも、黒・赤・黄の3色を使って描かれています。線は丸みがなくてトゲトゲしていて固いかんじで、なんだか苦しそうな絵でした。先生が、この3つの色ばかりを使う意味や「飛ぶもの」ばかりを描く子供の心理状態を説明してくれました。
最初に描いた絵から順番に見ていったのですが、苦しそうだった固い絵が、だんだん他の色も増えて線が丸みを帯びてきて、伸び伸びした絵になっていく様子がわかりました。

「いつかお母さんにこれを見せなくちゃって思っていたんですけど、お母さん自身も大変なのがよくわかるから、時期が来たら・・・って考えてました。それでね、コタロウ君が最近になって初めてお父さんを表現してくれたものがあるので、これを機に、と思って。」
と言いながら、H先生が最後の1枚を。それを見ながらH先生の説明を聞いて、母さんは本当に納得してしまいました。コタロウは、お父さんに置いて逝かれた、っていう思いが今になって強くなってきているんだな・・・って。
「どうして?なんでお父さんはボクを置いて逝ったの!」
そういうコタの強い思いが伝わってきて、胸が詰まりました。

たぶん、父さんが亡くなったときには、コタにそういう感情はなかったと思う。でも、あれから3年近く経つわけで、コタはどんどん成長して、当時抱かなかった感情が芽生えてきたり、いろんなことを感じて考えるようになってきたんだと思う。コタロウにとって父さんの存在は、亡くなってから更に大きなものに育ってきているのかもしれない。

先生が仰るには、アトリエの子ども達の間でお父さんの話題が出たことが今までに何度かあったそう。そんな時コタは、まるで家にお父さんがいて、お父さんと昨日そういうことがあった、みたいな話し方をするんだそうです。その後にH先生から意外な言葉が・・・
「実はね、Tちゃん(父さん)と私、同級生なの。いっとき一緒に仕事をしていたこともあるんですよ。今まで言えずにいて、ごめんなさいね。コタロウ君がうちへ来てくれたとき、‘Tちゃん、息子さんのことは引き受けたからね。心配しないで’って、心の中でTちゃんに話したの。」

滅多に人前で泣いたりしない母さんですが、こらえきれずに泣いてしまいました。H先生と父さんが知り合いだったなんて・・・。こんなことってあるんだね。父さんが出会わせてくれたのかな。

先生は更に続けて、
「お母さん、今まで文句も言わずにアトリエでのコタロウ君のことを見守ってくれてありがとう。ラジカセやパソコンをハンマーでぶち壊したりするもんだから、‘こんなことを子どもにさせるなんて、気が狂ってる!’ってお叱りを受けたことが何度もあるんですよ。それにしてもコタロウ君は凄い!普通は2~3ヵ月も壊し続けたら飽きてやめるけど、コタロウ君は一年間続いたものね。アトリエ始まって以来の最長記録ですよ~」

もうホントに泣き笑い!!
いろんなことがありすぎで壁にぶち当たりまくりだけど、その時その時々で素敵ないい先生に出会えてるってことは、コタロウも母さんも幸せです。姑運はないけど先生運はあるんだな。

去年の夏、アトリエから持ち帰ってきたコタロウの切り絵。ハンマーでいろんなモノをぶち壊しながら、創作活動に励んでいるようです。
b0183566_1472617.jpg

明日からまた一週間、仕事がんばります。
[PR]
# by melmo-44 | 2014-06-22 14:04 | こども | Comments(8)

1年に一度の外科の診察(術後の経過観察)がありました。もうすっかり声変わりしてあちこち毛が生えているコタロウ。袋を切って縫い付けたタマタマは、ちゃんと定位置で順調に発達。男性ホルモンを分泌するという役割をしっかり果たしているので問題なし!ということで、外科の診察は終了となりました。

思春期早発症の治療をしていることを外科の先生にも一応話しておきましたが、そっちとこっちは別問題なのでね。ソケイヘルニアと停留精巣の手術をしたのは小1のとき。6年生でやっと経過観察も終わりです。ひとつ通院が終了して、ちょっとホッとした気分です。
[PR]
# by melmo-44 | 2014-04-29 13:59 | ソケイヘルニア・停留精巣 | Comments(9)

4月に入ってすぐ、半年に一度の心臓検診がありました。コタロウのWPW症候群の頻脈発作は、2年前に一度だけ。あれから発作は起こっていないようです。

レントゲンと安静時心電図、運動負荷心電図のあとに診察でした。運動負荷では問題なし。発作はいつ起こるかわからないので、発作が起きたら真夜中でも受診するように、とドクター。しかしだね、真夜中に発作が起こったとして・・・果たして母さんが気付くのか、ってことが問題だわ。地味な発作だし。
「発作が起きてる」「気持ちが悪い」ってコタが私を起こしてくれれば目が覚めるだろうけど。そこんとこが気がかりっていえば気がかり。

WPWでも一生発作が起こらない人もけっこうな割合でいるそうです。でも大人になってから急に発作がでる場合もあるってことなので、本人がちゃんと自覚して対処法を頭に入れておく必要があるよね。

新しくコタの担任になった先生には、「発作時の対処法」をプリントしてお渡ししておきました。今度のコタの担任は若い男の先生なんだけど、礼儀正しくてとっても真面目そうなんですよ。先日の授業参観の算数は、わかりやすくていい授業でした。5年生の時の担任(30代後半・男・体育専攻)の先生とは真逆なタイプ!5年生の時の先生も好きだったけど、今度の先生もいいわ~。いろいろあるけど、先生には本当に恵まれているんだな、コタロウは。

おっと、話がそれました。あれっきり心臓の発作は起こっていないので、次の検診は1年後でいいそうです。
[PR]
# by melmo-44 | 2014-04-29 13:46 | WPW症候群 | Comments(0)

雨上がりの庭で

仕事のない土日の朝は、ゆ~っくり寝ていたい母さんです。が、しかし・・・眠っていられない!

コタロウが小さい頃は、土日も早起きのコタロウに起されていました。コタ君、目が覚めると母さんの布団の上に飛び乗ってきて、「お母さん、起きて!起きて!」と騒ぐ。勘弁してよ~、も少し眠らせてくれ!と思いながらも渋々起床していたものです。でもそんなコタも思春期を迎え、今では一般青年男子並みのお寝坊さんに。休みの日は8時頃にならないと起きてこなくなりました。

それなのに、母さんがなぜ眠っていられないのか、というと・・・三毛子さんに起されるのです!仕事のある平日は5時ジャストに目覚ましをセットしています。同じ寝室で眠っている三毛子さんも、母さんが起き出すと一緒に起きてきて朝ご飯、というのが日課。習慣とは恐ろしいもので、三毛子さんは土日も朝5時起き。母さんが眠っている頭の真上で、「お母さん、起きて。朝だよ。早く起きて」と、なく。とっても小さな声で、「ミャ、ミャ、ミャ・・」って。

その小さな声が目覚まし時計よりも覚醒効果があるの!とっても耳障り。困った三毛子さんだわ~。三毛子は三毛子で、「困ったお母さんだにゃ~」って思っているのかもしれないけど。

そんなこんなで今朝も早く起こされたので、久々にカメラを手に庭へ出てみました。雨上がりは気持ちいい。庭や畑の土も母さんのお肌も乾燥度マックスだったので、昨日の雨は助かりました。

今わが家の庭ではこの花が満開です。ピンクの蕾がとっても可愛いの!






b0183566_2126221.jpg

薔薇じゃないよ。






咲くと、こんな白い花になります。
b0183566_21291073.jpg








全体像はこんなかんじ。
b0183566_2155388.jpg

これは、姫りんごの花。






雨上がりで水玉がかわいくって、ひとり撮影会スタート。
b0183566_21374997.jpg








b0183566_21381482.jpg








b0183566_21385292.jpg







b0183566_2142713.jpg







水玉、拡大!
b0183566_21424642.jpg


父さんが買ってくれたカメラだから大切に使うけど、いつか一眼レフがほしい!マクロレンズに憧れるなー。花のシベとか昆虫とか、撮りまくりたいなー。
[PR]
# by melmo-44 | 2014-04-19 21:59 | 草花 風景 | Comments(2)