小児整形外科の定期検診

小児整形外科を受診してきました。レントゲンを撮ってから診察。春に学校から来ていた「脊柱側弯症のため、医療機関を受診してください」のお便りを持って行きました。脊柱側弯症は去年からわかっているから次の受診日に病院のハンコをもらえばいいよね~って母さんの勝手な判断で、今頃になってしまったわけです。

お便りの検診結果の欄には、病名と養護の先生からのコメントが。「※姿勢にも気を付けるようにお家でも声をかけてあげてください」と。これを読んだ小児整形のKドクター、
「ほらね?勘違いしてる。こういう風に言う人が多いけど、姿勢に気を付けろとか、そういう問題では全くないんだよ」

そうなんだよねぇ・・・。コタロウの場合、形の悪い脊椎がひとつだけある。それで、身体(脊柱)がバランスをとるために側弯と後弯が起こってきているってこと。見た目猫背で姿勢が悪く見えてしまうけれど、それはいつも姿勢が悪いからそうなったとか生活習慣のせいだとか、そういうことじゃないそうだ。

コタロウの側弯は、前回のレントゲンと比べて良くも悪くもなっていない、とのこと。診察の最後にKドクターから
「毎日腕立て伏せをさせてください。」
と言われました。腕立て伏せは背中あたりの筋肉も鍛えられるから良いらしい。側弯が自然に改善されるケースがあって、それはどうやら筋肉の発達と関係がありそうだ・・というお話でした。

自然に改善されることなんてあるの??って驚いたけど、そう言われちゃ やるしかないでしょ!お腹が下に突き出た妙なカッコの腕立て伏せですが、毎晩がんばっているコタロウです。
側弯が悪化していないので、成長ホルモン治療の方はまだ続ける予定。小児整形外科の次の診察は、卒業式が終わってからです。小学校生活もあと少しだね~。
[PR]
by melmo-44 | 2014-09-07 07:51 | SGA性低身長症 | Comments(6)