内分泌外来に行ってきました。コタロウのリュープリン注射は今回で11回目。思春期早発症の治療を始めてもうすぐ一年になります。

Sドクターから、
「お母さん、どうします?こちらの治療(思春期早発症)の方は いつまでにしましょうか?」
との打診が。
毎度毎度心配しながらリュープリン注射を打ってもらっているので、母さんとしては出来るだけ早く終わりにしたい。でも、せっかく一年がんばった治療を無駄にはしたくない・・・けどやっぱり、この治療は早く終わらせたい。

常日頃から、今年いっぱいくらいで終わりにできたらいいなぁ、長くても小学校卒業までには!と思っている母さん、
「そうですねぇ、できるだけ早めに終了できたらって思ってはいるんですけど。」
と答えました。するとSドクター、
「もう一年になりますよね?じゃ、誕生日の月まで(9月)にしましょうか。」
とのお返事が。

9月まで?もうすぐじゃないの!あと3回で終わり?あ~、よかった。

この治療の成果があったのか無かったのか母さんにはよくわかりませんが、ドクターが言うには思春期を抑えて骨の成長を遅らせた効果はあったようです。
今後の副作用などいろいろな心配はまだ拭えませんが・・・治療の終了という先が見えて、ちょっとだけホッとしました。
[PR]
by melmo-44 | 2014-08-01 05:51 | SGA性低身長症 | Comments(7)