リュープリン注射2回目

内分泌外来でした。2回目のリュープリン注射を打ってきたコタロウです。先月の初回は左腕に打ったから、今回は右腕。左右交互に打つそうです。

先月からリュープリンを打ち始めて、ここ1年近くは毎月約1㎝ずつ伸びてきた身長の伸びが 緩やかになりました。これは、リュープリンで思春期を抑えて ぐーんと伸びる思春期の伸びを止めたわけで、成長ホルモンだけの伸びに戻した、ってことらしい。思春期が進むと骨の成長もぐんと進んで早く骨端線が閉じてしまい、結果身長の伸びが止まってしまうようです。

成長ホルモン治療をするかどうかでも思い悩んだけれど、開始してからは前向きになれたんだよね。けど、なんでか今回は不安感が拭えなくて・・・。
ドクターは1年くらいの治療になると思うって言ってたけど、注射をやめたらちゃんとまた思春期が戻ってくるのか、男性としての機能が衰えることはないのか、とか・・いろいろ心配。で、Sドクターに質問してみました。そしたら、
「心配性だねぇ。成長ホルモンを始める前もいろいろ心配してたけど、大丈夫だったでしょ?注射をやめれば思春期は戻ってきますよ。」
そんなこと仰いますけど先生!そりゃ~親だもの心配しますってば!

脊椎側弯症の方は、診察・診断をしてくれたのは個人病院の整形外科。その話をSドクターにするとちょっと表情が変わって、
「前にもお話したけれど、成長ホルモン治療をしていると左右の発達に差が出て側弯が起こることがあります。治療の関係もあるから、ここ(大学病院)の小児整形で診てもらいましょうか。」
ってことになりました。

確かに側弯の話をちょっとだけ聞いたのは覚えてるけど、全然ピンときていなかった。ん~、やっぱり治療のせいなのかなぁ・・

最初に診察してもらった個人病院で、大学病院への紹介状とレントゲンのデータをいただいて、来月初めに小児整形外科を受診する予定です。

カズ男さんも目の手術をしたりといろいろあったしコタの通院も頻繁だしで、有給を使い果たしてしまって欠勤になっている母さんです。もうこれ以上は仕事休めないってのに~。
[PR]
by melmo-44 | 2013-09-21 07:24 | SGA性低身長症 | Comments(4)

昨日は父さんの三回忌法要でした。

今回は一周忌よりも呼ぶ人の人数を減らしたのですが、それが原因で騒動が起こってシズ子さんとシズ子姉が大喧嘩になりました。昨日の当日は当日で、
「法事には出られますが食事会には参加できないので法要が終ったらすぐに帰ります。」
って言ってた親戚が、夫婦で食事もしていくと言い出した。こっちから電話してお誘いしても
「時間がないので帰ります。」
ってハッキリ言ってたのに~。帰るって言うから2日前に2名分の料理をキャンセルしたばかり。だから、母さんと父さんの弟の料理をそっちに回したわけ。でも料理屋の奥さんが急きょ似たような料理を用意してくれたんだけどね。

母さん、事前の準備から何から何まで一人でやってきたでしょ?仕事も全然休めないし。だからホントに余裕がなくってお疲れ度マックスでヘトヘト~だっていうのに、
「忙しくて泊まれないのよ。法事が終ったら帰るから」
って前日まで言ってたカズ男さんの妹が、三回忌当日の朝お泊りセット持参で現れた!で、法要と会食が済んでから わが家へやってきて、
「今晩はここへ泊まるから。」

泊まるってなると晩ご飯の用意をしなくちゃでしょ?土曜夕方の混んでるスーパーへ出かけるのは億劫だけど仕方がないからスーパーで何か買ってきて済ませちゃおうと思って、
「晩はどんなものがいいですか?」
って聞いてみた。そしたら、
「おいしいお漬物を買ってきて。あとは、まる子さんの手料理をご馳走してね。」
だって。

買い出しに行ってきて何品か作ったけど、全く心はこもってないしムカムカしてるし疲れてるしで、煮物を煮すぎちゃいました。
私の料理を食べた彼女、
「ねえ、この切り昆布の煮物、揚げを何枚入れた?」
って言うから
「2枚です。」
って答えたの。そしたら、
「1枚でよかったのに。これじゃ揚げの味が強すぎて昆布が死んでる。」

「死んでて結構。帰れ!」
と、本気で思った母さんでした。いい嫁ぶらないで(ぶれない)、朝ご飯はシズ子さんにお任せしようと思います。
[PR]
by melmo-44 | 2013-09-08 06:54 | 母さんのこと | Comments(12)