ピンチって、続くよね?

先々週あたりだったか、エンタの神様をみて爆笑していたコタロウと母さんです。その中に、「気~づいちゃった、気~づいちゃった、わ~いわい」で始まるデッカチャンの「気付いちゃったマーチ」というのがありまして、デッカチャンはこう言っていました。 


         「ピンチの後にチャンスあり」って言うけど

         僕の経験では

         ピンチって続くよね


ホントよ!母さんの経験からも、確かにそう思うわ。デッカチャン、正解!

コタロウですが、更に新たな診断名が加わってしまいました。病名は、脊椎側弯症。
「これだと、病名が付きますね。」
と、整形外科のドクターから告げられました。

治療と関係があるのかないのか・・あるとは思いたくないし実際に治療とは関係ないことなのかもしれないけれど、全く無関係だとも思えず、なんだかモヤモヤした気分でいる母さんです。

お盆は仕事で全く休みがありませんでした。お盆に働きづめだったのは人生初ですよ。今日からまた慌ただしい一週間が始まります。よっし、気合いを入れてがんばろう!
コタロウはまだ寝ています。7時になったら起こそうかな~。

暑い暑い毎日なので、皆さまもお身体に気を付けてください!!
[PR]
by melmo-44 | 2013-08-19 06:29 | こども・体 | Comments(6)

猛暑!

この言葉がピッタリな、昨日と今日でした。先週まではけっこう涼しかったので、
「こんなわけないよね?真夏って、こんなもんじゃなかったよね?」
なんて、職場で話をしていました。

あ~しかし、やっぱり夏は暑いのでした。冬生まれのせいなんだか、暑さに弱い母さんです。夏生まれのせいなんだか、こんな暑さの中でもクーラーをかけずに眠れるカズ男さんです。エコ体質なのねぇ。

今日は朝からお墓の掃除とお盆用の買い出しに行ってきました。ビール(箱)にペットボトルのお茶(箱)にアイスコーヒー(箱)に・・・重たいものがいっぱいで、腰が痛くなってしまったわ。ひとりになっちゃったんだな~って、こんなときに感じます。重たいものを持ってくれるダンナがいる人が羨ましい!すっごく羨ましい!

ま、仕方ないけどね。

父さんがいなくなったこの家で、あのシズ子さんと一緒に暮らしているなんて、奇跡に近いことですよ!いや、奇跡なんかじゃなくてその選択をしたのは母さん自身なんだから、自分がバカなだけか・・。でもコタロウのことを一番に考えての選択なんだから、これでよかったんだと思います。

もしも来世があるとしたら、一切関わりなく交わらないで生きて行きましょうね、シズ子さん!
「ソウルメイト」って言うでしょ?それって、本当にそんなシステムがあるんでしょうか。すごく心配なんですけど・・。お盆の準備をしながら、そんな不謹慎?なことを考えていました。

父さん!幽霊の姿で私の前に出てきてくれない?お盆だし。会いたいなぁ。話したいことや聞きたいこと、山盛りてんこ盛りなんだけどな。
[PR]
by melmo-44 | 2013-08-11 23:16 | 母さんのこと | Comments(2)

中枢性思春期早発症という一応そんな診断名で、昨日初めて大学病院で「リュープリン」という注射を打ったコタロウです。この「リュープリン」、男性ホルモンではないそうだ。S先生からバトンタッチして、SGAでここ1年ほどコタを診てくれていた若い女性のN先生。彼女から「リュープリン」なんて言葉は一切聞いてない。それに確かにN先生は、「更に男性ホルモンを加えることで男性ホルモンの働きを抑える」って言ってたんだけどな・・・

N先生が産休に入るため、8月からの担当医は再びS先生に代わりました。内分泌専門のS先生とは、コタが成長ホルモン治療を始めたときからの付き合いです。それがね、思春期早発症の治療について説明してくれたS先生からは、「N先生が言ってたことと全く違うんじゃないの??」っていう説明を受けたんですよ。男性ホルモン注射じゃないって、S先生は言うんだもの。ちょっと・・いや、かなり混乱してしまった母さんす。でも、S先生の説明には一応納得がいきまして、
「N先生は、医学の知識がない私にも判りやすいようにあえて‘男性ホルモン’って言葉を使ったのかもしれないな・・」
と思った母さんです。なので、予定通り第1回目の注射を打って治療開始となりました。

昨夜コタロウが眠ってからパソコンで「リュープリン」について検索してみると・・・S先生が言っていたことと共通することではあるけれど、なんだか凄く心配になってきてしまった。どうしてもやっぱり副作用に目がいっちゃうんだなぁ。振り返ってみれば、成長ホルモン治療を開始する時もこんな心境だった。
これが、不必要な治療ではなことを祈ります。
[PR]
by melmo-44 | 2013-08-08 21:34 | SGA性低身長症 | Comments(0)