昨日の夕暮れ

昨日の空。なんだか不思議な色でした。空だけじゃなく、家や木や畑など、ぜ~んぶすっぽり同じ色。

「すごい色だな~」
って、父さん。

「お母さん、すごい空だね!こんなの見たことないよー!」
って、コタロウ。






b0183566_13524919.jpg










b0183566_13533327.jpg


夕焼けとは、また違ったかんじ。カメラを持ってベランダへ出た母さんも、同じ色に染まってた。ほんとに不思議な色でした。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-30 13:57 | 草花 風景 | Comments(6)

Hさん情報

Hさんからのメール攻撃に動揺してしまった一週間でしたが、もう気を取り直しました。私は、何も悪いことなんかしていない。ただ会のために一生懸命 仕事をこなしていただけ。Hさんは、よく働いて言いなりになりそうな母さんを利用しようとしていたんだと思う。自分が理想とするボランティア団体を作るために。

でも、Hさんのやり方は間違っていた。本当に母さんが必要なら、対等の立場で話をするべきだったんだよ。私は争いを好まないし、Hさんのような「ボランティア論」を持っているわけじゃない。母さんがこのボランティアをやっている理由は、ただ単に本が好きで絵本が好きで、子ども達と一緒に絵本の世界を楽しめるなんて最高!と思っているから。
それに、Hさんは勘違いをしていた。私はあなたが思うほど弱くはないし、ちゃんと意志を持っている。

脅しじゃ人は付いていかない。一回二回は言うことを聞くかもしれないが、それ以上は誰だって御免だよ。脅威で相手をねじ伏せようとすればするほど、人の心は離れて行く。そんなことは誰だって知っているでしょ。Hさんだって分かっていたはず。・・・そういえば、シズ子さんもそうだけど。


コタが最初に入った幼稚園で仲良くなったママ友がいる。昨日、彼女から
「アスパラガスがあるから取りに来ない?」
とメールが入ったので行ってきた。彼女の子とコタロウは、今年同じクラスになった。彼女とHさんは育成会が一緒なんです。
読み聞かせを辞めることになった旨を話すと、彼女はとても驚いて、どうしてよ??と聞いてきたので おおまかに理由を説明すると、
「Hさんって、本当に厄介な人なんだよ!近所でもトラブル起こしてるし、裏表が激しいって有名だよ!〇〇君のママがね、用事があってHさんちに行ったんだって。車はあるからいるはずなのに、いくらチャイムを鳴らしても出て来なくてね、ちょっと二階を見上げたら、二階の窓のカーテンから半分だけ顔を出したHさんが、下を覗いてたんだって~。〇〇君のママ、ぞっとしたって怖がってたよ。」

やっぱり変な人だったんだ・・・。なんでそんな人がボランティアをやっているんだろう。Hさん、手話サークルでも代表をやっていて、他のボランティアもやっているの。ん~、不思議だ。
ママ友からHさんの情報が得られて、なんだかホッとしました。私がオカシイわけじゃないんだよ、やっぱり!!

どうもね、ずーっと責められていると、
「私の方がオカシイのか?」
っていう心境になってくるんです。自分が悪いような気分になってきて・・落ち込んでしまう。シズ子さんのときもそうだし、今回のこともそうなんだけど。

「人に偏見を持たないで接したい」ずっとそう思ってきたし今でもそういう思いはあるけれど、情報として知っておくことは必要だよね。あまり厄介なことに巻き込まれたくないから、自己防衛のためにも。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-30 09:12 | 学校のこと | Comments(4)

ボランティアの憂鬱

バーベキューの一件があってから、なんだか運気低迷中の母さんです。読み聞かせボランティアの方にも、ちょこっと問題が・・。

データをまとめてメンバーに送信したり手渡ししたり、雑用をこなしているのは全て母さんで、代表のHさんは、読み聞かせで誰が何年何組に入るかっていうことを決めるくらいです。しかし、何かあると「忙しいから」って、母さんに仕事を振ってくる。で、
「長老のSさんとYさんには辞めていただきたいから、新メンバー獲得に専念します」
なんて物騒なことを言う (もちろん母さんにだけ。他のメンバーはHさんの本心を全然知らないの)。長老のSさんとYさんっていうのは、8年前にこのボランティアの会を立ち上げた卒業生ママなんです。それで、
「メンバー募集のチラシを作って配りたいので、まる子さんお願いします。」(メール)
今までずーっとやってきた勉強会も、
「勉強会なんて意味がないから、やりません。」(メール)
そのあとに、なぜ勉強会をやらないか、っていう長~い理由が書いてあって、読むのも うんざりだった。一応 読んだけど。

今までは月に一回 勉強会をやっていました。今まで通りじゃなくて年に数回でもいいから やってほしい!って言う意見の人が多いんだけど、代表のHさんは無視。仕方がないから、副の母さんが勉強会を企画することにした。それも彼女は気に入らないんだろうけど・・。研修用のボランティアルーム、予約しちゃったもんね~。  

こんな人と組むと しんどいわぁ。でも、勉強会のことはメンバーの人たちが喜んでくれたから、ま、いいか!こんなことなら自分で代表をやった方がラクだったような気がする。
子どもへのボランティアなんだから、憂鬱な気分でやりたくないな~。こんなことで いいのか!どうよ?って思ってしまう。子ども達に、
「誰とでも仲良くしなさい。」
なんて、とても言えません。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-24 15:01 | 学校のこと | Comments(17)

お手紙

父さんは朝起きると、まず一番に郵便受けの新聞を取りに行きます。月曜日の朝だったかな?新聞を手にして階段を上がってきた父さんが、
「コタロウ!郵便受けに手紙が入ってたぞ。」

父さんから渡された茶色の四角い封筒を見ると、表に大きく「Rより」、裏には小さく「コタロウくんへ」。
お向かいの2年生女子Rちゃんからの手紙でした。中の手紙は、大学ノートを引きちぎった紙に どうにかやっと読める乱暴な字で書かれています。コタと一緒に読んでみると・・・
「コタくん、きょうMちゃんとNちゃんとあそんだでしょ。バカ もうあそぶな」
バカの文字は、用紙の三分の一ほどを使ってデカデカと書いてありました。

実は、その前の日の夕方、4年生と5年生のMちゃんNちゃん姉妹がコタを誘いに来てくれて、コタはMちゃんNちゃんと一緒に近所の公園へ出かけました。Rちゃんちにも誘いに行ったら「Rは今日、ママの実家へ遊びに行ってるよ」とRちゃんのおばあちゃん。だから3人で公園へ行ったそう。
Rちゃんは、ママの実家から帰って来てすぐに「今日、MちゃんとNちゃんとコタくんが誘いに来てくれたんだよ」と、おばあちゃんから聞かされ、激怒したようです。それで怒りの手紙を書いて自分でコタくんちのポストへ入れてきた、ってことだったみたい。

Rちゃんからのその手紙を読んで、思わず母さんは笑ってしまいました。だってね、Rちゃんの性格そのまんまの手紙なんだもん。Rちゃんっていうのは、コタロウの彼女のEちゃんに「なんであんなボロの家に住んでるの?」と言った子です。けっこう根性入った意地悪をする子なのね。

たまにRちゃんが公園でRちゃんの友達数人と遊んでいることがあるんだけど、そこへ「ボクも入れて」ってコタが行くでしょ?そうするとRちゃんは「ダメ!こっちに来ないで!」って、仲間に入れてくれないの。それでコタはぶつぶつ言いながら帰って来ます。いつも追い帰されるんだから行かなきゃいいのにって思うんだよね~、大人の母さんは。それでも、やっぱり子ども同士がいいんだね。
家が離れていたり、学童へ行っている子が多いから、近所の遊び友達はどうしてもRちゃんとRちゃんのお姉ちゃんになっちゃうんです。

ちょっと話が逸れました!その手紙を読んだコタロウは、というと・・・しばらくじーっと手紙を見つめていましたが、かすかに ふふっと笑って、
「こんな手紙を書くのは、Rちゃんしかいない。」
「ホントだね~。Rちゃんらしいね。普通は手紙って、好きを伝えるために書くものなのにね。」
早朝よりこんな会話をしたコタと母さんでした。

その朝の登校班の集合場所(Rちゃんちの前)で、コタがRちゃんに、
「ねえ、Rちゃん!あの手紙は何なの?バカ、あそぶなって、どういうこと?」
って大声で言いました。母さんが言わせたわけじゃないですよ!コタが突然言ったの。
これでRちゃんのお母さんに手紙のことがバレてしまったもんだから、Rちゃんはコタを凄い目でにらんでいました。でもね、バレてよかったと思うんだ。Rちゃんはお友達にけっこう酷い意地悪をしているのに、ママもおばあちゃんも全然わかっていなくて、逆にRちゃんがいじめられている側だと思っいるところがあるから。

その日、学校から帰って来たコタが、
「Rちゃん、反省するどころじゃないよ。だってね、下校のときボクに‘もう絶対に遊んでやらないから!あっち行け!近よるな!’って何回も言うんだよ。どういう性格してんだよ、まったくぅ。」
本当に凄い性格だ・・・。こんな子が嫁にきたら嫌だな~。姑の次は嫁にいじめられるのかなぁ?絶対に別居しよ。

一昨日Rちゃんのおばあちゃんから、大根と玉ねぎと茄子をいただきました。「ごめんなさい」の意味なんでしょうけど、それよりも きちんとRちゃんを指導してほしいものです。でもそれは、おばあちゃんじゃなくて親の役目だね。大根は卸して、玉ねぎはサラダに、茄子は焼きナスにしました。時々いただくんだけど、Rちゃんのおばあちゃんが作る野菜はおいしいの!大根はまだ残っているから煮物にでもしようかな。ごちそうさまでした。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-23 10:35 | こども | Comments(6)

わたしにエール!

母の日、父の日には全くロクなことがないんだけど、今回も例外なくシズ子さんに振り回された父の日でした。聞きたい?話していい?

父の日の2週間前のこと。シズ子さんが「バーベキューをやる!」って言い出したのよ。決行日は父の日。父さんの弟家族と親戚のおじさんを我が家に呼んでね。コタロウは喜んじゃって、すっごーく楽しみにしてました。

それが、だ。バーベキュー予定日の前日、なんだかよく分からないけど急に機嫌が悪くなったシズ子さん。その夜、風呂上がりの父さんを怒鳴り散らしてドアをバッタン、バッタン!シズ子さんは怒っていると、真夜中でも思いっきり叩きつけるようにドアを閉めるから、うるさいったらありゃしない!!これで夜中に起こされて眠れなくなったことが何度もあるんです。でも今回は何で怒ってるんだか、よく分からなかった。怒鳴られた父さんも、「どうでもいいような事なんだよな~。なんだかよく分からん」。

それでよ、翌朝の父の日。朝 母さんが洗濯物を取りに1階へ下りると、
「ちょっと!」
と、シズ子さん。で、
「今日のバーベキューは、中止だから!!」
思わず、えー?って言っちゃったよ。肉担当の父さんの弟は、肉屋に注文して前日すでに肉を買ってあったのよ。コタロウだって2週間も前から「バーベキュー楽しみだな~♪」って、この日を心待ちにしてたのよ。自分で言い出しておきながら、わがまま過ぎる・・・。結局バーベキューは中止になりました。

ふざけるなっ!!!

これって、人生のトレーニングなの?イライラするだけで何にもいいことないんですけど。シズ子さんと母さん、前世は敵同士だったのかもしれませんよ。熱を出せば怒鳴られ、具合が悪い時は意地悪をされ・・・本当に情けなくなる。自分の持病のことだって、シズ子さんには話していない。話せば絶対に嫌な思いをさせられるから。
私は年をとっても こんなクソババーには絶対にならないぞ。反面教師としてこの人を観察してやろう!なんて思ったりするけど、パワーを吸い取られる感じなんだよね~。シズ子さんの方が、間違いなくパワー強。

私はあなたのこと、何にも干渉してないでしょ?なぜそんなに嫁に執着するの?
「アタシの目の黒いうちは、絶対に自由になんか させないからねっ!!」
って言われたことがあるけれど、これはシズ子さんの本心でしょう。このお言葉通り、母さんは外出もなかなか思うように出来ません。でもシズ子さんは自分で嫁いびりをしているっていう自覚が全くないの。それどころか、「アタシにこんなことまで言わせるなんて(嫁のアンタが悪い)」ってな態度です。

長生きするんだろうな~、この人。外面は最高に良くて地位も名誉もある人だから、取り巻きや友達がたくさんいて遊びまわってるし、趣味も多い。カズ男さんから、
「あと5年だから我慢しろ」
って言われたけど、5年どころじゃないでしょ?あと20年は覚悟しないと。

シズ子さんと別居したい!ってずっと思ってきたけれど、肝心の父さんに別居する意志が全くないので、今はもう別居は考えていない。
こうなったら絶対に、この家を出て行かないからねっ!!無視攻撃されたって、自分の外出は します!

がんばれ、わたしー!!!
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-21 10:10 | 嫁姑・夫婦 | Comments(8)

小学校へ朝の読み聞かせに行ってきました。今回 母さんの担当クラスは3年3組、コタロウのクラスです。2ヶ月ほど前だったか、紙芝居をやってみたいな!と思い立ち、市内3つの図書館で紙芝居を読み漁っていました。読みボラメンバーの中には紙芝居を得意とする人もいますが、ほとんどの人は絵本のみ。母さんも今までは絵本だけでした。けど、本当は紙芝居も大好き。コタロウのクラスだし、紙芝居に挑戦してみよう!!

まず1冊目。ん?紙芝居って、どう数えるんでしょ?1冊2冊でいいのかな?1本2本?1話2話?
まぁ それは置いといて、まず最初に読んだのは、『おなべ とことこ』。これはロシアの昔話です。一人ぼっちで暮らしている貧乏なおばあさんを幸せにするために、お鍋が奮闘するお話。その奮闘ぶりが可愛くって可笑しいの!

b0183566_8285718.jpg


最後は想像しがたい展開でハッピーエンドを迎えます。静かに聞いていた子ども達でしたが、最後の場面で笑いが起こりました。




そして2冊目は、『花ぬのむすめ』。
これはコタロウ一押しの紙芝居。中国の広西チワン族自治区のミャオ族に伝わるお話だと、紙芝居の下の欄に書いてあります。
主人公は「ホワピェン」という機織りがとても上手な女の子。ホワピェンの織る花布は美しくて評判となり、それを聞きつけた皇帝がホワピェンを村から さらって行ってしまいます。そして宮殿の牢屋に閉じ込められてしまったホワピェン。皇帝はホワピェンに、自分のために一生宮殿で暮らして花布を織り続けろ、と命令するのですが、ホワピェンは村へ帰してほしいと訴えます。

この皇帝が本当に悪いヤツでねぇ、ホワピェンに無理難題を叩きつけるわけ。だって「生きた動物を織れ」って言うのよ。それが出来たら村へ帰してやろうって。なんて酷いヤツ!!ホワピェンは無理だと思いながらも心をこめて花布を織るんです。そうしたら、花布に織り込んだ動物の模様が 本当に花布から飛び出して・・・。


b0183566_13592044.jpg





b0183566_1357534.jpg


最後、花布から飛び出した龍は皇帝をひと呑みにして宮殿を焼き払い、ホワピェンを背に乗せ天へ昇り 姿を消してしまいます。ホワピェンは、どこへ行ってしまったんでしょう?
「天の龍神の国へ行ったんだよ」と、コタ。本当に龍神の住む国へ行ってしまったのかなぁ。


b0183566_8561822.jpg



とっても迫力のあるドラマチックな物語です。読み終えた直後、ふ~っとため息をついた子が数人。
一人の男の子が、
「おもしろいと、すぐ時間が たっちゃうよ!」
その言葉、最高に嬉しいね~!!
「本当にいいお話ですね~。おもしろかった。この紙芝居はどこで借りてきたんですか?」
と、A先生。みんなに楽しんでもらえたようで よかったです。紙芝居にハマりそう。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-17 09:25 | 絵本 | Comments(6)

新体力テスト

学校から、こ~んなのが来ました。『新体力テスト個人カード』と『体力証』。今年度から、新体力テストという体力測定が始まったようなのです。テストの項目は、握力・上体起こし・長座体前屈・反復横跳び・20mシャトルラン・50m走・立ち幅跳び・ソフトボール投げ、の8つ。

b0183566_14463187.jpg


数字がたくさん並んでいて見るのが面倒だったけれども、一応見てみましたよ!ふんふん、コタは・・・握力が、上体起しが、前屈が、反復横跳びが、シャトルランが、50m走が・・・5点満点かな?コタ君、意外となかなか やるじゃ~ん!
50m走がってのは仕方ないけど、前屈って問題じゃない?からだ硬すぎるぞ!!と思っていたら、なんと10点満点の点数でした。更によく見ると、あなたの判定は【E】と大きく書いてあるじゃないですか!思いっきりEの最下位判定です。ご丁寧に、各競技の偏差値まで出ているのよ!体育にも偏差値ってあるんですね~、びっくり!!

身体が硬いのが気になるので、これを持ち帰って来た3日前の夜から、お風呂上がりのストレッチを始めました。まだ2日しか実行していませんが、コタと2人で続けていきたいと思います。身体も心も、柔軟性が大切よね!それはそうと・・・シャトルランって、どんな競技なんでしょう?
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-16 15:01 | こども・体 | Comments(3)

内分泌外来でした!成長ホルモン注射を 初めて打ったのが、おととしの6月4日。ちょうど2年が経ちました。どれくらい背が伸びたかな?と思って毎月の測定記録を見てみると・・・
1年目=8.5cm  2年目=6.7cm 

2年目は伸びが落ちたけれど、8~9歳の間の伸びの平均値は5.3cmってことなので、やっぱり成長ホルモン剤が効いているんだと思います。小学校へ入学したての頃は、2番目の子とも けっこう差がありました。でも今は、2~3番目の子たちとは ほとんど差がなくなってきた。

今現在、成長ホルモン剤の毎月の支払額は9万円ほど(1.2ml×6日)。高額医療になってからは戻りが遅いことが多々あるので 頭が痛いんです。毎月ちゃんと振り込まれているかの通帳チェックは、毎回ドキドキ。治療は、あと数年は続ける予定です。保険適応で治療ができるってことは幸せなんだよ・・・と、つぶやいてみたり。がんばらなくっちゃ。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-16 14:03 | SGA性低身長症 | Comments(7)

将来の夢

「ねえ、お母さん。しゅふって大変?」
コタロウが突然こんなことを言いました。

母さん  「主婦?そりゃ~ね、それなりに大変だよ。毎日毎日食事の用意でしょ?他にもいろいろやることあるし。暇そうに見えてもけっこう忙しいんだよ。」
コタ   「ふ~ん。ボクさ~、ロボット博士もいいんだけど、しゅふもいいな~って思うんだ。しゅふになろうかな。」
母さん  「え?なりたいの?主夫に?まあ、近頃はそういう家庭もあるみたいだけどねぇ。だったらバリバリ働いてくれる稼ぎのいいお嫁さんを見つけないとね。」
コタ   「ん?なんで?」
母さん  「なんでって、コタが主夫で家にいたら収入がないでしょ?外で働いてお金を稼がなくちゃ生活できないんだよ。」
コタ   「お母さん、何言ってるの?しゅふだよ!レストランで料理を作る人だよっ!!」

主婦(主夫)じゃなくって、シェフのことでした。思いっきり「しゅふ」って言ってたぞ、コタロウ!



また、4月 学校が始まって少したった頃のこと。学校から帰ってきたコタが言いました。
コタ   「お母さん、今日はりにゅうしょくだったんだよ。」
母さん  「え?離乳食??」
コタ   「うん。」
給食で、何かドロドロ状の料理が出たのだろうか?と思い・・・
母さん  「おかゆだったの?どんな料理?」
コタ   「はあ?何言ってるの?りにゅうしょくだってば!」
母さん  「だ・か・ら、どんな離乳食だったのかって聞いてるの!」
コタ   「となりの学校へ行っちゃったT先生が帰ってきて、お別れしたんだよ。」

離乳食じゃなくって、離任式のことでした。確かにハッキリ「りにゅうしょく」って言ってたぞ、コタロウ!



日曜日の5時半からは、いつも決まって「笑点」を観ている我が家です。コタは菊ちゃんが好き。母さんは三遊亭小遊三さんが大好き!昨日のお題の中に「似た言葉」というのがありました。
 ベルサイユの薔薇 → エグザイルのギャラ (これは太平さんの回答だったかな?)
 余命いくばくもない → 嫁に行くバカもない (これは結婚していない昇太さんのこと)
 イワンのばか → いやんバカ (菊ちゃんのネタ)
 豚まん踏んじゃった → 歌丸 死んじゃった (円楽さんたら、またこんなことを‥)

母さん一番の大笑い作は、これ!
★ハンカチ王子 → 半ケツで法事
ん~!さすが小遊三さんだわ。よっ、下ネタ王子!!

日曜日の5時半~が、わが家のお楽しみタイムなのです。落語、聴きに行きたいな~。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-13 08:37 | こども | Comments(8)

昼咲き月見草

物干し竿の下に咲いている昼咲き月見草。宿根草なのか毎年芽が出る。いつも、洗濯物を干しながら見ています。昼咲くのに、どうして月見草っていうんだろう?昼の白い月を見てるから?月見草に似ていて昼に咲くから?

花言葉は、新しい恋人・ 無言の恋 ・自由な心 だって。きゃ~!!何がきゃ~なんだ。



b0183566_1337543.jpg






中途半端なアングルでごめんなさい。もっとアップで撮りたいけど・・・ゲ・ゲ・ゲの限界!(今日は朝から鬼太郎を見まくっているコタロウです)

b0183566_13371731.jpg



物干し竿の下に咲く 昼咲き月見草でした。
[PR]
by melmo-44 | 2011-06-12 13:47 | 草花 風景 | Comments(4)