サンタクロースを信じているコタロウです。コタのクラスでは、サンタさんが本当にいるか否かでサンタ談義があったそうな。コタは、「絶対に、いる!」って主張したんだって。コタから聞いた話では、いる派より いない派の方が多かったみたい。

今年のサンタさんからのプレゼントは~、じゃじゃーん。コレよ。





b0183566_14383052.jpg



コタロウがリクエストしたのは手前の小さい黄色っぽいベイブレードです。スズメバチが写っているのは『危険・有毒生物』の図鑑。この図鑑、怖いけど おもしろいの。それに、毒虫に刺されたときの対処法なんかも載っていて、すごくいいんです。サンタさんったら、コタと母さんの趣味をよくご存知なのね。マニアックな図鑑をありがとう!

実はね、このベイブレードがひと騒動の一品だったんですよ。父さんがパソコンでベイブレードのオークションのサイトを開いて、それをコタロウに見せたの。クリスマスの一ヶ月くらい前のことだったかなぁ。それで、
「このベイブレードは どこにも売ってないベイブレードなんだぞ。」
とか、
「これは誰も持ってない幻のベイブレイドだ。」
とか言うから、コタは当然
「欲しい。このベイブレードが欲しいからサンタさんにお願いする!」
ってことになったんですよ。

全くぅ!!!子供にオークションのサイトなんか見せんじゃないよ!このちっぽけなベイブレードが一体いくらすると思ってんの?普通だったら700円か800円くらいで買えるのに、3,000円くらいの値が付いてるんだから。もったいないでしょ?同じようなの何個も持ってるのに、1コ 3,000円だなんてもったいないでしょ??
でも見せちゃったからコタはその気になっちゃって、
「お母さん、凄いよ。幻のベイブレードだって!サンタさん、お願いします。本当にお願いします。」

当然、父さんに責任をとってもらいましたよ。三千いくらかで落としたらしいの。サンタさんから願い通りのプレゼントがもらえてコタロウは大喜びしてたけどね。しかし、子供の玩具にオークションは必要ないのだ。






イブにクリスマスケーキを作りました。って言っても、スポンジは買い!うち、生クリームをあわ立てる電動の器具がないから地道に手作業でした。コタロウにやらせようと思ったのに、2分くらいで逃げられたー。


b0183566_1553146.jpg


父さんはビール、母さんはスパークリングワイン(これは、父さんから母さんへの誕生日プレゼント。母さんは25日が誕生日なのでした)、コタロウはシャンメリー、カズ男さんは焼酎、シズ子さんはウイスキーで、みんなで かんぱーい。この日だけは仲良しっぽい家族でしたよ。


学研の大図鑑 危険・有毒生物

小川 賢一 / 学習研究社


[PR]
by melmo-44 | 2010-12-27 15:15 | こども | Comments(8)

可愛いお菓子

これは、親戚のおばちゃんから送られてきた宅配の中に入っていたお菓子。砂糖菓子かな?落雁かな?と思ったのですが、紅白の梅の花は、あまり甘くは ありません。すごく硬いの!ほのかに甘い。

あまりの可愛さに、コタロウは大喜びです!!


b0183566_81542.jpg








b0183566_7445299.jpg


可愛くって食べるのがもったいないよ~!でも早速いただいてます。味は いろいろ。サンタさんの長靴は、中にクルミが入っていて とってもおいしかった。味はいまひとつ・・・ってのも ありましたけどね。

おばちゃん、かわいいお菓子をありがとうございました。








これは、うちのシクラメン。真綿色した~シクラメンほど~♪ の真綿色って、この色かしら?


b0183566_757466.jpg









b0183566_7571947.jpg


この蕾、顔に見える。こんな顔のエイリアンが どこかにいるかもしれなーい!
[PR]
by melmo-44 | 2010-12-23 08:04 | 食べること | Comments(16)

溶連菌性咽頭炎

b0183566_8392068.jpg


木曜日から父さんはぎっくり腰で会社を休み、金曜日の夜からコタロウは発熱でダウン。昨日コタを連れて子どもクリニックへ行くと、溶連菌の検査を勧められました。検査を受けると、ばっちり陽性。先生のお話では、今 溶連菌が流行っているとのこと。普通の風邪の場合、いつもコタには しっかりきっちりとは薬を飲ませていない母さんですが・・・
「薬は最後までしっかり飲ませてください。途中でやめてしまうと再発したり、腎炎を起こす場合がありますから。」
ということなので、今回は珍しく ちゃーんと飲ませています。

学校は しばらく休ませるのかと思ったら、明日の月曜日に朝一で受診して、その後 登校OKとのこと。抗菌薬を飲み始めてから24時間以上たてば他の子には うつらないのだそうです。
この溶連菌って、少したってから腎臓にダメージが出る場合があるとか・・・。2週間後に尿検査をするそうですが、処方通りしっかり薬を飲ませれば、あまり心配ないようです。

コタが飲んでいるのは、セフゾンという抗生物質。いちご味が付いているピンク色の粉薬なんだけど、コタロウが言うには このいちご味が気持ち悪いんだって。前にバナナ味の粉薬を処方されたときもコタは、
「苦いだけの方がまだマシだよ。甘くて変な味で気持ちが悪い。まずい!」
と言っていました。処方してくれる薬剤師さんは、
「いちご味(バナナ味)だから飲みやすいですよ。」
って、決まって言うんだけどね。

今回コタには我慢してもらって、きっちり薬を飲ませたいと思います。3日間寝たきりだった父さんも今朝は
「今日はコイン展やってんだよ。コインを見に行ってくる。」
と言っているので、ほぼ回復したようです。うちの父さんは、歴史(日本史)&コイン(古銭) ばか マニア。まだ本調子じゃないんだから、あと1日ゆっくり休んでいればいいのにね~。

何はともあれ、コタの溶連菌が母さんに うつりませんように!!
[PR]
by melmo-44 | 2010-12-19 08:57 | こども・体 | Comments(14)

目が覚めた!

コタロウは一人でトイレに行けません。トイレが怖いんだって。怖がりのくせに怖い話や怪談話が大好き。学校の図書室の貸し出しでも、怪談話や妖怪の怖い話なんかをよく借りてくるんです。でも読むと更に怖くなるらしい。いつもトイレの中から「おかーさーん!おかーさーん!」って叫んで母さんに返事をさせて、私が近くにいることを確認します。コタが夜中や明け方 トイレに起きたときは、絶対に一人じゃ行けないから母さんがいつも付き添い。

今朝も3時頃だったか、コタの「おしっこ!」で起こされて一緒にトイレへ。コタが先に済ませて次に私も、と思って便座に腰を下ろしたら・・・・・・

ぎゃっ!なになに??熱い?違う、ちめたーーーーいっ!!

落ちたの、トイレに。一気に目が覚めました。

そうなの、お尻が落ちたの。なんでって、それはコタが便座を上へ上げたまま下ろしてなかったところへ、母さんがそのまま座っちゃったから。眠かったとはいえ、バカ。大バカ者!師走のトイレの水は冷たすぎました。皆さんも、便座のチェックはお忘れなく。
[PR]
by melmo-44 | 2010-12-17 08:21 | 母さんのこと | Comments(2)

コタロウと蕎麦ランチ

「あったかい天ぷらそばが食べたい」と言うコタロウと、蕎麦屋でランチ。コタはあったかいの、母さんは冷たいの。このそびえ立つ天ぷらと花鰹の下に蕎麦があります。なんでレモンが付いているのかよく分からないけど、付いていたのでレモンを搾ってみました。ん~、レモンは無くていいと思う。


b0183566_8392799.jpg







皆さんに教えていただいた焼きそばメニューは大成功!!広島風お好み焼き(鰹節と青海苔がなかった)、焼きそば入りオムレツ(ネギをパラパラ)、そば飯(この写真にはなくてごめんね)、どれも好評でした。ちなみに、冷凍やきそばは◎!焼きそばは冷凍OKということが判明しました。凍ったままレンジでチンしたら、普通においしく食べられましたよ~。皆さま、ありがとうございました。焼きそばレパートリーが増えて嬉しいわ!


b0183566_8473018.jpg

[PR]
by melmo-44 | 2010-12-16 08:50 | 食べること | Comments(2)

おばあちゃん

b0183566_10595646.jpg




先日私の母方の祖母が亡くなり、昨日が告別式でした。息を引きとる前の一週間ほど、祖母は何も喉を通らず、ベッドに横たわったきり。点滴には血管が耐えられない、ということで何の処置もされずに寝かされていました。だんだんと眠る時間が長くなっていき、最後は静かに息を引きとったそうです。91歳でした。

祖母が息を引きとる数日前、「おばあちゃん、もう長くないと思う」という知らせを聞いた私は、コタロウを学校へ送り出すとすぐに車を走らせて、日帰りで祖母に会いに行きました。
もう何年も前から痴呆が進んできていたので、前回会ったときには孫の母さんのことは全くわからない様子でした。わからなくたっていいから、おばあちゃんに会いたい。おばあちゃんに今までのお礼を言いたい、そんな思いで車を走らせました。

実家の母と一緒に祖母のいる施設へ。鼻に酸素チューブを付けて、ベッドにじっと横たわっているおばあちゃん。
「まる子だよ。」
と声をかけると、うっすらと目を開けてくれました。おばあちゃん、痩せちゃったね。でも、とっても綺麗な顔をしてる・・・。料理が上手で何でも作ってくれたおばあちゃん。
「まる子は いい子だねぇ。」
と、いつも優しく微笑んでくれたおばあちゃん。

祖母の短い白い髪をそっと撫でていると目頭が熱くなってきたけれど、ここで私が泣いたら母を泣かせてしまうと思い、涙を堪えました。
「おばあちゃん、今まで本当にありがとうね。たくさん可愛がってくれて、本当にありがとう。」
反応はなかったけれども、きっとおばあちゃんには伝わっていると思いました。祖母が息を引きとったのは、その二日後。最後にお礼を言うことができて、本当によかった。



お葬式が終わって帰ってきた昨日の晩のこと。
「お母さん。お母さんが先に死んだら、天国でボクが来るまで待っててね。そのうちボクが行くから、天国でまた一緒に暮らそうよ。そしたら ひいばあちゃんもみんなで暮らそうよ。」
そう言うとコタロウは、母さんに抱きついてきてグッとハグしてくれました。

お葬式の前日 棺桶に入れる前に、ひ孫たちも含め親族みんなで祖母の身体を拭いて死装束を着けました。コタは足を拭きました。「ひいばあちゃんの足、硬かった」と言っていたコタロウ。どんな風に感じたのでしょう。コタロウと一緒に最後のお見送りができたこと、本当によかったと思っています。
[PR]
by melmo-44 | 2010-12-13 12:25 | 母さんのこと | Comments(10)

ボランティア会議

ちょっとムカムカしている母さんです。別にシズ子さんに怒鳴られたわけでも妊娠しているわけでもありません。ムカムカの原因は、先日図書館で行われた「幼児向けおススメ絵本」の小冊子作成会議なのです。

この会議には、市内の各読み聞かせボランティア団体から2名ずつ、そして図書館勤務の司書さん3名も加わり合計20名ほどが集まりました。「子どもの読書推進」を掲げた市の方針で、0歳~5歳までの子ども向けに、おススメ絵本の小冊子を作ることになったんです。この日は、その小冊子に掲載する絵本の選定作業でした。た~くさんの絵本を並べて あーだこーだと言い合いながら 楽しく絵本を選ぶものだと思って わくわくしながら参加した母さんでしたが・・・会議が始まったとたんに面食らいました。

だってね、違う読み聞かせグループのおばさま2名が、すごーく偉そうで感じ悪いんだもの。母さんが大好きな『しろねこしろちゃん』には文句をつけられるし、「名作を載せるべき」とか「嘘のない絵を」とか言っちゃって、頭が固いったら ありゃしない。

へ~!嘘のない絵ってことは、嘘のある絵ってのがあるんですか?じゃ、『ごろごろにゃーん』はどうなるんですか?って思ったさっ!そんなこと言ったら、絵本の絵なんて嘘だらけでしょ?

このおばさま2名が仰るには、『しろねこしろちゃん』は子どもを不安にさせるんだそうです。最初にお父さんがいない、という設定がよくないのだそうです。でも、また違うグループのベテランさんが仰いました。
「子どもはそんな風には感じないんじゃないですか?それは、大人の読み方だと思いますよ。」
そーだ、そーだ!!と思った母さん、思わず手をあげて言いました。
「私も、そう思います。このお話は最後に白猫父さんが登場することで、子どもたちはホッとして安心するんだと思います。」

それでもね、2人のインテリ風おばさま方は、
「いや、このお話は よくないですよ。わざわざコレを掲載する必要はないでしょ。」

他にも母さんのグループがあげた絵本には文句を付けられてばかり。0・1・2歳向けに『どんどこ ももんちゃん』も推薦したけど、冷めた目で見られましたよ~。とってもかわいい絵本なのぬぃーっ。

できあがった小冊子は保育園や幼稚園を通して各家庭に配られる予定。読み聞かせボランティア向けじゃなくて、お母さん(お父さん)が子供と一緒に楽しめる絵本ってことなんだから、名作や美しい絵にばかりこだわる必要は全くないと思うんだけどね。あったま、固いって!!私どものグループは、あなたがた素人集団とは違いますのよってな感じなの。あー、やだやだ。子育て現役の母親をなめてんのかっ!ってね。

年明けにもう一度会議があるそうなので行ってきます。どんな小冊子ができることやら・・・。ボランティアなんだから楽しくやりたいよー。司書さん方、うまくまとめてくださいませ。

しろねこしろちゃん (幼児絵本シリーズ)

森 佐智子 / 福音館書店

どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう)

とよた かずひこ / 童心社


[PR]
by melmo-44 | 2010-12-09 15:53 | 絵本 | Comments(12)

使い捨て注射器のこと

下の記事に書いた使い捨て注射器のことですが、少々母さんの早とちりがありました。正しい情報ではなかったので、お詫びして訂正させていただきます。本当にすみません!!

●「来年になったら使い捨ての注射器がでる」というのは間違い。もう既に発売されていて、取引のある病院では使用している方もいるそうです。この使い捨て型を使用するか否か、いつ使用できるようにするか、ということについては各病院の方針なので、来年になったら誰でも使える、というわけではありません。来年になったら使えるようになる、というのはコタロウの大学病院に限ってのことでした。

●「カートリッジ交換がなくてラク」というのは、これも母さんの早とちりだったようです。使い捨て型の場合、確かにカートリッジ交換はないのですが、今まで通り薬剤の溶解作業はあるそうです。そして、現在使用しているペン型とは扱い方が全く違うので、一から使い方を覚える必要がある、とのこと。
この使い捨て型をもう既に使用している方々の感想としては、「今までのカートリッジ交換するペン型に慣れてしまっているので、使い捨て注射器の扱い方を覚えるのが面倒。前のペン型の方が使いやすかった」という意見もあれば、逆に「カートリッジ交換がなくてラク。使い捨ての方が良い」という意見もあるそうです。

●ペン型と使い捨て型とを選択できるようにするか、使い捨て型に全て移行するか、今まで通りペン型のみでいくか、ということも各病院の方針によるそうです。「使い捨て型を使ってみたが使いにくいので元のペン型に戻したい」という場合もあるので、それが可能なのかどうかを予め担当医に確認してみてください、とのことでした。
                    (以上、ファイザー相談窓口のお姉さん情報でした。)
                
単純に「使い捨て型=カートリッジ交換がなくてラク」というわけには いかないようです。早とちりでお騒がせして、本当に ごめんなさい!!
[PR]
by melmo-44 | 2010-12-08 08:40 | SGA性低身長症 | Comments(4)

「おかーさーん!ちょっと来てーっ!凄いよー!!」
興奮気味のバカでかいコタロウの声が、自宅トイレから響いてきました。コタロウはおしっこをしながら叫んでいる様子。母さんは鍵の掛かっていないトイレのドアを開けました。すると、

「見てよ、お母さん。ボクのおしっこが泡だらけなんだよっ!」
と、コタ。便器の中を見ると本当に泡がいっぱい。
ん?今日はトイレ掃除はしていないから洗剤は使ってない(トイレの神様ごめんなさい)。なのに、なんでこんなに泡が??コタロウのおしっこが泡立ったってこと?なんで?病気?

とっさに、「糖尿」という文字が頭に浮かびました。前に聞いたことがあるんですよ、本当かどうかは知りませんが糖尿病は尿が泡立つって話を。まさか成長ホルモン剤の副作用じゃなかろうかと急に心配になってしまいました。でも、この不安を悟られてはならぬ!と思い、

「お前は おしっこアワアワ星人だなっ!うんこ爆弾をくらえっ!!」
なんて言って誤魔化しました。まだまだお子ちゃまなコタですから、こんなんでキャハキャハ大喜びなわけです。
これは、内分泌外来受診予定日の2日前の出来事でした。そして翌日もおしっこを観察してみたのですが、やっぱり異常と思えるほどの泡立ちよう。

「今までこんなにアワアワになったことあった?」
と尋ねると、
「ないよ。初めてだよ。」
と、コタ。

翌日の内分泌外来の受診を待ち、S先生に尋ねてみました。しかし、糖尿=おしっこが泡立つ、ということに関しての返答は一切なく、
「この前検査してから3ヶ月くらいたっているよね?じゃ、今日は尿検査と血液検査をしましょう。」
ということになりました。

待つこと30分。尿検査の結果が出ました。糖は出ていない、異常なし。その他の項目についても異常なし。
あ~、よかった。ホッとしました。どうしておしっこが泡立ったのかはS先生にも判らないということでした。
その後もおしっこを観察しているのですが、泡だらけになったのは3日間だけ。今は元に戻っています。なんだったんだろうな~??何事も無くて本当によかったけれど。





尿検査の待ち時間、子ども病院のホールで遊ぶコタロウです。もう5時近く。賑やかだった外来は人が引いて寂しくなってきました。一番小さな卵ちゃんは、外が暗くなってくると 赤く光り出すんですよ~。

b0183566_12152631.jpg





b0183566_1222099.jpg


この子ども病院が出来たのは4年くらい前だったかな。当時はこの卵に、「危ないので登らないでください」と書かれた貼り紙がしてありました。でも、無理!こんな魅力的な卵のオブジェを、子ども達が ただただ黙って眺めているなんていうことは あり得ない。「さぁさぁ、子どもさん方。どうぞ登って遊んで行ってちょ~だいな」と、3つの卵は子ども達に呼びかけてくるのです。

最初は「ダメだよ~」なんて、ちゃんとした親ぶって注意していた母さんですが、子どもが3人以上集まったら阻止できない!私も含め親たちは、自分の子にさえ注意するのを諦めました。病院側も諦めてくれたようで、いつしか張り紙は綺麗に剥がされ、今では子どもたちの遊具と化しているのでした。めでたし、めでたし。



成長ホルモン治療をしているみなさんに、ひとつ嬉しい情報が!!
来年になったら使い捨ての注射器が使えるようになるそうです。カートリッジ交換しなくて済みますね!精神的な負担も手間も、ちょっと減るかもしれません。来年早々なのかどうかは まだ分からないということですが、S先生からのちょっと嬉しい情報でした。

ちなみにコタロウ、この1年6ヶ月(18か月)間で、身長11.5cm、体重4kgアップしました。
[PR]
by melmo-44 | 2010-12-03 12:59 | SGA性低身長症 | Comments(17)