あたまにかきの木

お酒ばっかり飲んでいて ろくに仕事もしない、飲んだくれの じろべえさん。おかみさんから、稲刈りを始めなけりゃあ いけないから今日は田んぼへ行ってくださいな、って言われるんだけど、昨日のお酒が抜けません。

それじゃあ、お酒の酔いを醒ますっていうから柿をおあがりなさい、と柿を食べさせられる じろべえさん。でもねえ、酔っ払っているから柿の種まで飲み込んでしまいます。柿のお陰で酔いが醒め、稲刈りを始めたのはいいけれど、頭が むずむず…。

頭のてっぺんに柿の木が生えてきてしまいました。
b0183566_10422011.jpg

そこで村の茶店へ出掛けて行って、茶店の主人に この柿の実とお酒とを物々交換してもらうわけ。なんて嬉しそうな じろべえさん!そりゃあ、好きなだけお酒が飲めるんだからね~、超ラッキー!!っていうところかな。

でも茶店の主人が柿を安く売ったものだから、怒った町の柿売りたちが、茶店で飲んだくれて眠っている じろべさんの頭の柿の木を ごりごりと切り落としてしまいます。
b0183566_10484984.jpg

しかし凄いのは ここからです。その木の切り株にキノコが生えて、今度はキノコとお酒を交換。すると、今度はキノコ売りたちが怒って、じろべえさんの頭の切り株を根っこごと抜いちゃうの。

すると根っこを抜いた穴ぼこに水が溜まって、どこからやって来たのか色とりどりの鯉が泳ぎはじめます。
b0183566_10581159.jpg

で、同じ展開。鯉とお酒を交換。鯉売りたちが怒って頭の池を土で埋めちゃう。

でも最後だけは、ちょっと違った感じで面白い終わり方です。結局じろべえさんはね、この頭に生えた柿の木のお陰で、働かずしてお酒を飲み続けることができ、ぐうぐう ぐうぐう寝てばかりいるようになったということですよ。

じろべえ級の 飲んべえオヤジ、きっと世界中には ごまんといることでしょう。良い悪いじゃなくて、こういう民話って人間臭くて おもしろみがあるな~と思います。こんな飲んだくれなのに、最後はハッピーエンドですよ!でも、そこがまた笑えていいんですけど。じろべえさんのおかみさんには、なりたくないな~!

あたまにかきの木 (日本の民話えほん)

小沢 正 / 教育画劇


[PR]
by melmo-44 | 2009-11-30 11:10 | 絵本 | Comments(2)

ミミズのふしぎ

コタ   「ねえ、お母さん。ミミズの口って、どこにあるの?」
母さん 「口?ん~~~、先っぽの方じゃない?」
コタ   「先っぽの、どっち?」
母さん 「お尻じゃないほう」
コタ   「・・・?」

コタ   「ミミズって、卵を産むの?分裂して増えるの?」
母さん 「分裂って…。切っても2匹には ならないよ。プラナリアとは違うよ。卵・・・でしょ!」←自信のない返答

コタ   「ミミズって、何を食べるの?」
母さん 「土だよ!」←これは自信あり
コタ   「土の他には何を食べるの?」
母さん 「えっ!?ん~~~、苔とか??」←全くの思い付き

ミミズ君って、どこにでもいるし身近な生き物だけど、案外 知らないことばかり。図書館で この本を借りてきたら、コタロウは大喜びでした。日本だけでも100種類ほどのミミズ君が いるそうですよ~。とにかく、この写真は凄いです!!どうやって撮ったのか、撮影現場を見てみたい。


ミミズ君の口の秘密が明らかに。口がどっち側にあるのかが分かりました。
君は肉食か!?と疑ってしまうほど迫力のある たらこ唇?です。
b0183566_1355091.jpg

いろんな種類のミミズ君。
b0183566_13551140.jpg

ミミズの赤ちゃんが産まれますよ~!
b0183566_13552912.jpg

これを読めば、ミミズに詳しいんだぞ自慢が できそうです。

ミミズのふしぎ (ふしぎいっぱい写真絵本 (3))

皆越 ようせい / ポプラ社


[PR]
by melmo-44 | 2009-11-29 14:03 | 絵本 | Comments(4)

名古屋の味噌煮

名古屋のお友達に教えてもらった味噌煮を作ってみました。普段は使わない、今まで一度も買ったことのない八丁味噌。スーパーの味噌コーナーには、300g入りの八丁味噌が一種類だけ。お陰で どれを買おうか迷わずに済みました。
牛筋肉を使うということですが、この牛筋が なかなか売ってない。近所の2軒のスーパーへ行ってみたけれども、ない!日を改めて朝一開店時間に行っても、やっぱり ない。おでん用の串刺しになった牛筋は あるんですけど、私が欲しいのは これじゃない。お肉コーナーの品出しをしているお兄さんに聞いたところ、
「ほんの少しだけなら、あるかもしれません」

待つこと数分。お兄さんは小さめのパックに入れた牛筋肉を持ってきてくれました。ホントに少しね…。ちょっとでも あったからいいのだけれど、こんな少しだけ置いてあるっていうのが不思議に思えました。
b0183566_1403365.jpg

見た目 濃~い色ですが、味は見た目よりもマイルドです。先日、学校で借りてきた『蜘蛛の糸』を読んだばかりのコタロウは、
「うわ~、血の池地獄だ~~~!」

仕事から帰ってきた父さんは、
「なんだ?食べ物か??」

シズ子さんとカズ男さんは、無言。

しかし、いただきま~す!で口に入れてみると…
「見た目より味は いい!」
「なかなかイケル!」
「初めて食べる味だな~。けっこう おいしい!」
ということでした。

まだ残っている八丁味噌。味噌炒めなんかにも使えそうですね~。
名古屋の味噌煮、おいしかった!!
[PR]
by melmo-44 | 2009-11-28 14:15 | 食べること | Comments(9)

うちの家族は茶碗蒸しが好き。手作りすると、喜びます。幼稚園に入る前頃だったかコタロウは、
「何虫が入ってる?虫さん、どこ?」
と、茶碗蒸しを まじまじと覗き込んでいたものでした。かわいかったな…。

今は ふざけて、
「茶碗蒸しって虫が入ってんのかよー!?って、違うだろっ!」
未だに 茶碗蒸し=虫 から離れられないコタ君です。何年越しよっ!?

コタロウは、なぜだか料理の手伝いが大好きなので、
「ボクが やる!ボクも 手伝う!」
と、張り切ってお手伝いをしてくれます。この日も コタ助手、やる気満々です。
b0183566_11153937.jpg
b0183566_11154861.jpg


こちらは、牛肉の散らし寿司。というか、混ぜ寿司かな。寿司飯は、酢とレモン汁が1: 3 くらい。牛とゴボウは甘じょっぱく味付けしています。
b0183566_11275024.jpg


これは、マグロ肉100パーセントのハンバーグ。ソースを和風にするか洋風にするかで迷いましたが、前回和風にしたので今回は洋風に。ケチャップ・ウスター・赤ワインのソースです。
b0183566_11312445.jpg


全然マメではないし、どちらかと言うと めんどくさがり屋な母さんなので、毎晩の料理も気が向かない時は本当に適当です。切るだけ!焼くだけ!究極は、お皿に乗っけるだけ!なんてことも。でもブログのお陰で、新婚のころの料理への情熱が、ちょっとだけ蘇ってきましたよ~。完全に忘れる前で よかった。
[PR]
by melmo-44 | 2009-11-27 11:44 | 食べること | Comments(4)

インフルエンザ騒ぎで学校での朝読みが危ぶまれましたが、今日は無事にクラスへ入ることが出来ました。母さん2回目の朝読みは、3年1組。読んだ本は、1冊目『よしおくんが ぎゅうにゅうをこぼしてしまった おはなし』。
これはまず、牛乳が溢れ出して止まらないシーンで、
「え~~~っ!!」
「なんで~!?」
という子供たちの驚きの声。ミルク・フィッシュにも少し笑いがおこりました。みんな真剣に見て聞いてくれて、時々笑ってくれて、まずまずの反応でした。

2冊目は、『うえきばちです』
これは もう、大笑いの大騒ぎ。
「めって、それ~!?」
「植木鉢から はみ出してるよー!」
「次は絶対 鼻だ~!!」
男の子たちの中には、
「鼻毛が!鼻毛がー!!」
と、叫ぶ子も。教室には、担任の先生と補助の先生が いらっしゃいました。先生方の笑い声も、母さんは聞き逃しませんでしたよ。み~んなに楽しんでいただけたようで、何よりです。

子供たちや先生の笑い声で、母さんも元気が出てきました。来月は、何を読もうかな。

よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし (レインボーえほん)

及川 賢治 / 岩崎書店


うえきばちです

川端 誠 / BL出版


[PR]
by melmo-44 | 2009-11-26 14:57 | 絵本 | Comments(4)

晩泣きの真相

コタロウは、父さんと私と、どっちに似ているんだろう…。
ある人は、「わ~、ママにそっくり!」と言い、またある人は「パパにそっくりね」と。どっちにも似てるのかもしれませんね。でも、父さんと母さんが似ている!と、言われることが たま~にあるのも事実。なんだか全然うれしくないんですけど・・・。

学級閉鎖で8日間も学校を休んだコタロウ。学校が始まる2日前の夜から、泣き出しました。←予想より1日早い。
また布団の中で泣き出したので、
「ちょっと~!明日は まだ休みだよ。泣くの1日早いんじゃない?」
と問う母さんに、コタロウは、
「いいのぉ・・・今日も・・・泣くのぉ」
「えっ!?ってことは、明日も泣くの?」
「・・・うん」

「そんなに学校へ行くのが大変?何か嫌なこととか あるの?」
と聞いてみました。すると コタは泣きながら、
「違うよぉ・・・朝 起きられるか心配・・・なんだ・・・よぉ。遅刻しないか・・・心配・・・なんだよぉ」

「ん?でもコタロウは いっつも早起きで、遅刻なんてしたことないじゃん」
「でも・・・眠れなかったら・・・どうしよう・・・って、心配なんだよぉ」

いつもコタロウは、「眠れなかったらどうしよう。明日ちゃんと起きられるかな?眠れない…」なんて言いながら眠りに就くことが多いのです。この日は かなりの大泣きだったので、抱っこしたり背中やお腹を撫でたりしながら、寝かせるのに1時間近くかかりました。

コタが眠ってから父さんに この話をすると、
「俺も小学生の頃、そうだった」
と言うんですよ!は?俺も そうだったって、どういうこと??この発言に驚いた母さんは、父さんから詳しく話を聞いてみました。すると・・・

「俺は小3くらいからだったし、泣きは しなかったけど。とにかく、次の日に ちゃんと起きられるかってことが、心配なんだよ。起きられなかったら大変。遅刻したら大変だって、心配で心配で眠れなくなっちゃうんだよ。それで、眠れない!早く眠らなくちゃ!早く眠らなくちゃ!どうしよう、眠れないって、もう その事が恐怖なわけ。別に学校が嫌なわけじゃないんだよ」

えー!?そういうことなの!?今まで母さん、布団の中でのコタの晩泣きは、学校でいろいろと気を使ったり頑張ったりと、子供ながらに大変な思いをしているからだと思っていたのです。でも、違うのかー?確かにコタはずっと、遅刻したら どうしよう!とか、眠れない!とか、言ってます。学校が嫌なわけじゃないの…??

「じゃ~、遺伝ってこと!?妙なところが似るもんだねぇ・・・」
父さんとコタロウの意外な共通点を発見して、思わず納得した母さんでした。見た目だけじゃなく、性格を決める遺伝子も絶対に あるとは思うけど、本当に妙なところが似るものだわ。しばらく続くのかもね、この晩泣き。でも まあ、真相が分かって よかった。無駄な心配をしなくて済みます。そういうことなら仕方がない!どこまでも付き合いましょう。
[PR]
by melmo-44 | 2009-11-25 09:14 | 学校のこと | Comments(2)

パンの缶詰

パンの缶詰を頂きました。デパートの防災グッズコーナーで見かけてからというもの、ずっと気になっていた商品です。デパートにあったのはチョコパンだったかな。とっても興味はありましたが けっこう値段が高かったので、買おうか買うまいか ちょっと迷って、結局 買わなかったんですよね。これは、いちごパン。

b0183566_824030.jpgb0183566_8241482.jpg














缶の蓋を開けると、甘~い苺のいい香り。でも缶詰だからね…と味は期待していませんでしたが、意外にも美味しい!乾パンのイメージがあったけれど、これは乾パンじゃ~ありません。パン屋さんのパンと変わらない!母さんはコーヒーを淹れ、コタロウはホットミルクで。父さんにも ちょっとだけ分けてあげました…って、父さんが頂いてきたものなんですけどね!
b0183566_829020.jpg

[PR]
by melmo-44 | 2009-11-24 08:35 | 食べること | Comments(6)

学級閉鎖

今週の月曜日から、コタロウのクラスはインフルエンザで学級閉鎖。自宅待機です。宿題がど~っさり出されていて大変でしたが、ようやく今朝 終わりました。
b0183566_934057.jpg

コタロウが入院している間に、算数の授業は繰り上がりの計算に入っていたようです。
「算数、ボクだけ出来ない!みんなどんどんやっちゃうのに、ボクだけ分かんないんだもん!」
と、先週は騒いでいました。出された宿題に目を通すと…あ~、なるほどねぇ!繰り上がりって、最初につまずきやすいよね~!ということで、母さん先生の算数教室です。

最初は優しく教えているんですけどね、なっかなか理解してくれないもんだからイライラッと きてしまって、つい、
「だ・か・ら!これをまず10にしてから考えるって言ってるでしょっ!?聞いてる?も1回!」
な~んて声を荒らげてしまい、
「もっと優しく教えてよ!お母さんが怖く教えるから、やる気がなくなっちゃうんだよ!先生は優しく教えてくれるよ!!」
と、コタから反撃。
「そりゃ~先生は商売だからね!お母さんだって学校の先生だったら優しく教えられるよっ!」
なんてことに・・・。こうなると、算数教室どころじゃ~ありませんから、一旦休憩、休み時間です。

ひと休みしたところで母さん気を取り直し、
「怒って ごめんね~」
「いいよ」
で、授業再開。今週は、こんなことの繰り返しでした。

なんだかんだとありましたが、コタロウは この学級閉鎖期間中に、繰り上がりの計算をクリアしてくれました。短期は損気って言うけど、ホントですよね。怒ったって、なんにも いいこと無いのにね~、ついついイラッと きちゃってね。

国語の漢字書き取り中に、おもしろい文字を発見!
b0183566_941256.jpg

分かっていたけれども、一応 聞いてみました。
「これ、なんて読むの?」
「め」

「な~んか、変じゃない?」
「変じゃないよ。『目』だよ」

確かに、目玉は2つあるか…。コタロウの『め』の方が、正しいかもね。
[PR]
by melmo-44 | 2009-11-21 09:52 | 学校のこと | Comments(4)

内分泌外来へ行って来ました。今回も、やっぱり身長7mm増。立ち方や位置で多少の誤差はあるんでしょうけど、不思議と毎回7mm。3回連続 採血で検査をして副作用の問題が無かったので、次回は3ヵ月後に検査をするそうです。ちょっと気になることがあるので質問しました。

質問 膝が痛いと言って、たま~に足を引きずるようなことが。今は治まっているけれども、これは成長痛?
答え 「成長痛には まだ時期が早いねえ。でも、あまりに痛いようだったら整形の先生に診てもった方がいい。成長ホルモンを打ち始めると、まれに背中の左右の筋肉の発達に差が出てきて背骨が曲がってくることがあるので、その辺も これから気を付けて診ていきましょう」

この日は、診察迄に1時間ほど待たされました。待ち合い廊下の端っこに、絵本やオモチャが置いてあって子供たちが遊べるスペースがあります。いつもコタロウは そこで遊びながらの順番待ち。コタロウ、赤いトレーナーの男の子に自己紹介をして遊び出したようなのですが、少し経つと…
「ちび、ちび、ち~び!」
と言う赤いトレーナーの男の子の声が。やられてるな~、どうする?コタロウ!!と思ってちょっと離れたところから見ていました。

コタ   「君は5歳だろ?ボクは7歳なんだぞ!そういうことは言わないの!」
赤い子 「7歳なのに、ちび!ちび、ちび、ちび~!」
コタ   「ん~~~、小さくてもボクの方が年上なんだぞ!」
赤い子 「ちび、ちび、ちびメガネ!ちびメガネだー!ギャハハハッ!!」
母さん (ちびメガネって、そのまんまだろがっ!) ←母さん心の声

コタロウ、近くにいた赤い子のお母さんの前へ行き、
「この子のお母さんですよねえ!?この子、ボクのことを“ちびメガネ”って言ってますよ。注意してください」
その直後 赤い子は、お母さんに腕をつかまれてグイッと引っ張られ、ソファーに腰掛けさせられました。怒りモードのコタロウはブツブツと文句を言いながら私の所へ戻ってきて、

コタ   「5歳のくせに、なんて生意気なんだ!」
母さん 「いろんな子がいるさ~。まだ幼稚園だから、コタよりお子ちゃまなんだよ」
コタ   「ボクのこと、ちびメガネって言ったんだよ!」
母さん 「聞こえたよ。そのまんまやないかっ!?もうちょっと ひねらんかい!って思っちゃった」
コタ   「ん~~~!あいつ(赤い子)は、お笑い芸人には なれないよね!」
母さん 「なれないね~。コタの方がセンスあるよ。人の体をバカにしちゃいけないよね」
コタ   「ほんっとに、生意気なやつだ!」

この後も、しばらくブツブツと言っていたコタロウです。
[PR]
by melmo-44 | 2009-11-19 08:36 | SGA性低身長症 | Comments(10)

粉たっぷりセット

昨日の午前中、PTA広報委員会の集まりがありました。コタロウは父さんと家で留守番です。昼には終わると思っていたのに、次号の割り付けやらに時間がかかり、終了した時は もう昼の1時近くになっていました。お腹を空かせて待っているであろう2人を思い出し、慌てて自宅に電話を入れるとコタロウが出ました。
「お母さん!いい事があるから、帰って来たら教えてあげる」
「え!?なに、なに?」
全く見当が付かず、なんだろう、なんだろう??と思って帰宅すると…
「見て、見てっ!」
とコタロウが円柱形の黒い箱を抱えて はしゃいでいます。箱の蓋を開けると、ゼルゲノムの粉が た~くさん!『夏休み化石錬成コンテスト』の賞品 『粉たっぷりセット』 が、届いていたのです。


b0183566_11431335.jpg


待ってました、粉たっぷりセット!これだけあれば、当分 買わなくて済む。これで ざっと5,000円分くらいです。ありがたや~、ありがたや~。
昼ご飯を済ませてから、早速 制作に取り掛かったコタロウです。大事に大事に使っておくれよ!

b0183566_1149980.jpg

[PR]
by melmo-44 | 2009-11-15 12:00 | こども・遊び | Comments(4)