カテゴリ:習い事・講座( 6 )

親子調理実習

もう8月ですね~。コタロウが一日中家にいると、なかなかパソコンを開く気になれない。母さんがパソコンを開くと、
「UMA (未確認生物)って、検索して」
なんて言って近寄って来くるんですよ、必ず。そしてパソコンと私の隙間に無理やり押し入ってくる。暑いって!

「今年も期待してますから~」
ってA先生に言われた理科研究は、まだ手付かず。今年は読書感想文も書かなくちゃいけないんだけど、これはコタには難関です。原稿用紙2枚だもんね。毎年お盆明けは忙しいコタと母さんです。



昨日は公民館主催の親子講座へ行ってきました。親子で調理実習って、おもしろそうじゃない?コタのエプロンをタンスの奥から引っ張り出すと、お~!丈が短い。つんつるてんだよ。買ったときはぶかぶかだったのに、ずいぶん大きくなったんだねぇ。って、このエプロンは保育園の時に買ったものでした。まぁいいや!ってことで、このエプロンを持って参加です。


b0183566_845990.jpg





今回のメニューは、夏野菜のトマトソース スパゲッティ・豚肉の甘辛焼き・かんぴょうとアスパラガスのごまマヨ サラダ・野菜の簡単漬け・かんぴょう入りオレンジゼリー。

b0183566_883285.jpg


意外と美味しくて驚いたのは、干瓢のサラダと干瓢入りゼリー。かんぴょうって味がないから、けっこう何にでも使えるんだね!勉強になりました。





腹ごしらえも済んだので、一緒に参加していたお友達親子と公園へ。小さな川でザリガニや貝を静かに探す2人だったのですが・・・

b0183566_81459100.jpg






そのうち、こんなことに。やっぱり最後は ずぶぬれでした。

b0183566_8155453.jpg

[PR]
by melmo-44 | 2011-08-06 08:18 | 習い事・講座 | Comments(6)

2週間ほど前のこと。図書館入り口の掲示板に貼ってあったチラシが目に留まりました。
『あそびの仕掛け人養成講座 ピカピカ光るどろだんごを作ろう』 (子ども同伴OK)

おもしろそう!!土曜日だし、コタと行ける!もう定員いっぱいかな?電話してみよーっと。
電話をかけるとOKでした。やったー♪


当日の会場です。
b0183566_8111930.jpg



普段から庭でよく泥だんごを作っているコタロウ。
「どろだんご作りならオレに任せろ!毎日4コ作ってるぜ!」
な~んて言っちゃって、泥だんごの先生は
「大人のみなさーん、わからないことは ここにいる泥だんご名人コタロウ君に聞いてくださ~い」だって。
おいおい、ずいぶん自信満々だけど、大丈夫かい?
b0183566_818415.jpg



どろだんごのおっちゃん(NPO法人あそびの学校の校長先生)が、それぞれの泥だんごの出来を判定してランクを付けてくれます。ランクは11階級。泥だんごの判定基準は、キズやヒビの有無・丸さ・ツヤ。ランクで色が決まっているので、おっちゃんが判定して そのランクの色のキラキラ粉を泥だんごに付けて(塗って)くれるってわけ。

みんな最上級の「マリンブルー」を目指して ひたすら泥だんご作りに励みます。けっこう真剣になっちゃうんですよ。母さん、完全に一人の世界。泥と向き合う泥職人きどりです。参加者は1歳~70歳くらいまで。1歳の子は泥だんごを食べっちゃって、ママが大あわてでした。
b0183566_8205045.jpg


こんな感じで、おっちゃんがキラキラ粉を付けてくれます。コタは次々に4コも作っていましたが、母さんは1コを念入りに。凸凹やキズを落としながら磨いて磨いて・・・40分くらいかけてようやく1コ完成。最高級のマリンブルーの称号をもらっちゃったぜいっ!コタは悔しがってましたよー。
b0183566_829982.jpg



おっちゃんが乗ってきた軽バンの後ろには こんな張り紙が。
b0183566_8352148.jpg




これが、コタと母さんの作品です。母さんは水色のマリンブルー1コだけ。
b0183566_8393840.jpg


いや~、ホントに楽しかった。泥遊びって やっぱりいいね!それに、やってみると奥が深い。キズもヒビも無く、キメの細かい艶々の、しかも まん丸の泥だんごを作るのは難しい。大人がみんな夢中になってましたよ。
[PR]
by melmo-44 | 2010-06-28 09:00 | 習い事・講座 | Comments(6)

埴輪のガチャガチャ

歴史資料館の入り口を入った所に、ガチャガチャが置いてありました。
さすが歴史資料館です。こんな埴輪のガチャガチャ、初めて見ました。
b0183566_82235.jpg

これ、おもしろ~い!ということで、特別に2回。
b0183566_8225290.jpg
コタロウは一番左の↑遮光器土偶が欲しい!!と…。
b0183566_823237.jpg
でも出てきたのは、これ↑ 踊る埴輪とハート型土偶でした。 
案外かわいいので、窓辺に飾ってみました。

b0183566_8403684.jpg
これは、実際に出土した埴輪の写真↑ 頬の模様は全て赤い色。化粧だという説と 刺青だという説があるそうですが、ここの学芸員の方に伺ったところ、化粧説が有力、とのこと。こういう化粧をしているのは神事に携わる特別な人で、シャーマン(巫女)だそうです。
↑左に半分だけ写っている紙の絵の人物も、女性。ヒゲでは なかったんですね。
b0183566_8404856.jpg

この夏休みは2回、勾玉作りに参加しました。休み明けも土日は講座があるそうなので、また作りに行きたいな~と思っている母さんです。
b0183566_841052.jpg

[PR]
by melmo-44 | 2009-09-08 09:03 | 習い事・講座 | Comments(2)

勾玉作り

歴史資料館で行われている 『勾玉作り体験』 へ行って来ました。

好きな石を選んで、そこに勾玉の輪郭を書き、削っていきます。
コタロウは 少し緑ががった白い石、母さんは 黒っぽい石を選びました。

b0183566_17245543.jpg
b0183566_16525012.jpg
まずは、金属製のヤスリで 削って削って ひたすら削って 形を整えていきます。次は、紙ヤスリで 磨いて磨いて よ~く磨いて 出来上がり。磨きこむと勾玉の表面がツルツル、艶々になってきます。水で洗うと石の模様がハッキリ見えて、
「わ~、こんな模様だったの!?キレイ♪」 2時間ちょっと かかったかな。けっこう面白くて、夢中になってしまいました。コタロウより、母さんの方が断然 楽しんでいましたね~!

これが、完成品です!
b0183566_16562750.jpg

作業室の中に、こんなモノがありました。
左↓ 紙に書いた古代人の絵に、勾玉ネックレス。 右↓ 先生や職員の方が作った勾玉ネックレス4~5点。凹凸のある 蛾の幼虫のような ナマコみたいな勾玉は、10cmくらいありました。大人でも、制作には数日かかるそうです。巨大です。

b0183566_16591858.jpgb0183566_16593185.jpg
[PR]
by melmo-44 | 2009-08-19 17:10 | 習い事・講座 | Comments(4)

合氣道

b0183566_2254690.jpg

コタロウ、合氣道を始めて 1年が経過しました。先日、9級Aに合格!
9級Bから審査が始まるので、2度目の昇級審査です。
ん~、しかしですね、正直なところ級を頂けるほどの腕前とは…。
先生曰く、「それなりの動きが出来ていれば、大丈夫ですから」。

登園拒否があり、カウンセリング期間があって…母さん閃いたのが、『武道』。
コタロウには武道だ!コタは体が小さいし、護身術がいい。絶対に合気道!
でも、合気道の道場なんて何処にあるのやら。知り合いに聞いても「知らない」
ママ友に聞いたら、「ごめん。合気道って、なに?」

そして、合気道の道場のことを考えながら、久しぶりに訪ねた母乳育児相談室で、合氣道のパンフレットを発見したんです。コタロウが1歳になる前からお世話になっている相談室。もう何十回通ったことか…。とっても素敵な先生なので、コタが2歳で断乳した後も(今でも)、時々遊びに行かせてもらっています。でも、合氣道のパンフなんて置いてなかった、一度も。先生に尋ねると、私が訪れる数日前に、最近 道場を開いたという知り合いから「パンフレットを置いて頂けますか?」と 頼まれたそうなのです。
これは、偶然じゃない!必然だよ~!と、単純な母さんは直感したわけです。

でも、待ちました。コタロウが「何か やりたい」と、自分から言い出すまで。
その頃、新しい保育園に通い始めたばかりだったので、無理に いろいろと押し付けても良くないな、という思いが強かったものですから…。
それから2ヶ月ほど経った頃だったかな。コタロウが 突然、
「空手が習いたい!」と、言い出しました。ピアノでもなく サッカーでもなく、武道の空手。これも必然ね!?何かと意味付けするのが好きな、母さんです。
「空手の道場みたいな道場に、見学に行こう!」とコタを誘い、早速 合氣道の道場へ連れて行きました。コタはもちろん、空手と合氣道の違いなんて分かっていませんでしたから。ただ、空手を習っているお友達から自慢され、空手って 強そうで かっこいい!と思っただけのようでした。

合氣道。メジャーではないけれど、素晴らしい武道だと思います。呼吸法から立ち居振る舞いまで、いろんな事を教えてくれます。けっこう厳しい時もありますが、コタロウ めげずに がんばってます。
親以外の大人から、きちんと注意を受けたり、叱られたりすることって、子供にとっては いい経験だな~と思います。脅しではなく筋の通ったことなら、子供には ちゃんと通じる。大人より、子供は嘘を見破るのが上手!って、時たま本当に感心します。

もうちょっと余裕が出来たら、コタロウと一緒に合氣道を習いたいな~と思っている母さんです。
[PR]
by melmo-44 | 2009-08-17 23:04 | 習い事・講座 | Comments(6)

4月に申し込みをしてあった工作教室へ、昨日 行って来ました。
講座名は、『親子で作るポケモンのアートフレーム』。アートフレームって、
なに?写真たて??
一体どんなモノを作るんだろ?ママ友に誘われて申し込み、なんだかよく分からないまま講座へ出掛けて行きました。
まず、先生から参加者へ材料が配られ、先生のお手本を見せられました。
「あぁ!アートフレームって、壁掛けみたいな飾りね!?写真たてじゃないんだ」と、そこで初めて理解したわけです。
18㎝四方の正方形の板に小さなタイルを貼り付けて ピカチュウの顔を作る、というものですが…。いきなり先生、
「鉛筆で板に、ピカチュウの顔を下描きしてくださ~い」と。母さん思わず
「描けませんっ!」
無理、無理。ピカチュウなんて描けないよ!!
「適当で大丈夫ですよ」と言う先生ですが。
コタロウ、心配そうに下から母さんの顔を見あげ、
「お母さん、描ける?」
「描けない…」
するとコタロウ、
「せんせー!うちのお母さんは適当でも描けません。どうしたらいいですか~?」と。先生は笑いながら、
「上からタイルを貼っていくから、下絵はヘタでも大丈夫!」
周りの人が描いている絵を覗き見しながら なんとか下書き完了です。

次はコタロウと一緒に、接着剤でタイルの貼り付け作業。
ピカチュウって、こんなだったっけ??真剣に作業をしていると、
「クマみたいー!どうしよう!」 と、隣に座ったママ友の声が。見ると、確かにピカチュウでは なく、くまのプーさん…。そうだよね~、こんなもんだよね~!?と、ちょっと安心。
b0183566_1441549.jpgb0183566_14423981.jpg









タイルの貼り付けが終わると、タイルとタイルの間に ゴムベラでセメントを塗り込んでいきます。
そして仕上げは、素手で余分なセメントを取りながらキレイに均していきます。

b0183566_14492557.jpg
← 2時間近くかかって出来上がったのが、これ。
ピカチュウに見えるかな…。
タイルで しっかりしているから、鍋敷きにちょうど
いいかも。いきなり下絵でつまずきましたが、その後は楽しく作業できました。
[PR]
by melmo-44 | 2009-08-01 14:38 | 習い事・講座 | Comments(0)