小児整形外科 2回目の診察

今週の月曜日は小児整形外科の受診日でした。
まずはレントゲン、それから診察。レントゲンの結果は・・というと、4か月前と変わりなし。良くも悪くもなっていない、ということでした。その間の身長の伸びは2cm弱。

「変わりはないようなので、成長ホルモン治療は続けてあげてください。これで身長が止まってしまったら本人がかわいそうでしょう?身長の伸びをとって多少の悪化(側弯症の)を許容するのか、っていう話になってきてしまうけれど、この程度の側弯だったら身長を伸ばしてあげた方がいいと思いますよ。」
と、Kドクター。

確かにねぇ・・。成長ホルモン治療をしていなかったらコタロウは今でもダントツ一番小さくて、5年生だっていうのに
「あの子、1年生?2年生?」
なんて言われていたかもしれない。その上 思春期が早くきてしまったから、なおさら。内分泌と未熟児外来のドクターに言われた「最終身長140cm」っていうのも今なら想像がつきます。

脊椎側弯症と診断されてからというもの、無理に身長を伸ばしたせいで肝心要な背骨を歪めてしまったっていう思いが強くて、コタロウに申し訳ないような気持ちでした。この先 大人になってから、側弯症からくる体の不調が出てくるんじゃないか、成長ホルモン治療なんてしない方が健康な体でいられたのか・・って。

因果関係は[]ですが、成長ホルモン治療をしなければ側弯は起こらなかったのかもしれません。でも、治療をせずにこの段階で思春期がきていたら、私はすっごく焦ったと思う。「やっぱり治療をしてあげるべきだった」って。

いろいろ考えてしまったけれど、でも成長ホルモン治療ができたことはよかったんだよ・・って、今は思っています。ただ、側弯が酷くなる傾向が見られた場合には治療を中止するってことも念頭に入れて、治療を続けて行きたいと思います。

子育てって、なかなか骨の折れる仕事だわ~。選択に迷ったり結果に悩んだり、後悔しては また考えを改め直して気持ちを切り替えて・・ってことばっかり。でも、コタロウが成人するまでは とにかく頑張らなくちゃ。
[PR]
Commented at 2014-02-22 08:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by melmo-44 at 2014-02-23 17:05
鍵コメさまへ
選択って、本当に難しいですよね・・・。先が見えないから余計に辛い。
側弯が起こらず思春期がもう少し遅くきてくれさえすれば、治療して本当によかった!
って、それだけだったと思います。成長ホルモン治療をしても側弯が起こる子の方が
圧倒的に少ないでしょうし・・・。
相談できるご家族はいますか?よくよく話し合って決めてくださいね。
Commented by もん吉 at 2014-04-25 22:25 x
こんにちは。はじめまして☆♪

少し前から密かに読ませてもらってました^^
コタロウ君、治療がんばっておられるんですね。
私も低体重の娘を産み、成長ホルモン治療予定です・・・。

色々と参考にさせてください♪また遊びにきます☆
Commented by melmo-44 at 2014-04-27 06:33
もん吉さんへ
はじめまして、もん吉さん!
娘さん、SGAで成長ホルモン治療の予定なんですね?いろいろと心配が絶えませんよね。少しもん吉さんのブログを覗かせてもらって、「同じ人がいた!」ってビックリしました^^私も胎盤が小さくて(普通の人の半分もなかった)、へその緒がとても細かったそうです。自分では見てませんけどね。

うちの息子、SD値でいえば、1~2歳のころは-4 くらいでした。歩き始めた1歳4か月の頃で70cmなくて、「普通はこの身長で歩き出さないよね~」って未熟児ママ友と笑ったのを覚えてます。

長々とお返事してしまってごめんなさい。近ごろは月に1~2回しか記事をアップしていませんが、よかったらまた遊びにきてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by melmo-44 | 2014-02-15 16:13 | SGA性低身長症 | Comments(4)