コタロウと母さんの日記

donmaru.exblog.jp

未熟児で生まれた息子の成長&治療の記録。それから母さんの好きなこと、雑話、愚痴などなど・・。

小学校での読み聞かせ 3年生 6月

小学校へ朝の読み聞かせに行ってきました。今回 母さんの担当クラスは3年3組、コタロウのクラスです。2ヶ月ほど前だったか、紙芝居をやってみたいな!と思い立ち、市内3つの図書館で紙芝居を読み漁っていました。読みボラメンバーの中には紙芝居を得意とする人もいますが、ほとんどの人は絵本のみ。母さんも今までは絵本だけでした。けど、本当は紙芝居も大好き。コタロウのクラスだし、紙芝居に挑戦してみよう!!

まず1冊目。ん?紙芝居って、どう数えるんでしょ?1冊2冊でいいのかな?1本2本?1話2話?
まぁ それは置いといて、まず最初に読んだのは、『おなべ とことこ』。これはロシアの昔話です。一人ぼっちで暮らしている貧乏なおばあさんを幸せにするために、お鍋が奮闘するお話。その奮闘ぶりが可愛くって可笑しいの!

b0183566_8285718.jpg


最後は想像しがたい展開でハッピーエンドを迎えます。静かに聞いていた子ども達でしたが、最後の場面で笑いが起こりました。




そして2冊目は、『花ぬのむすめ』。
これはコタロウ一押しの紙芝居。中国の広西チワン族自治区のミャオ族に伝わるお話だと、紙芝居の下の欄に書いてあります。
主人公は「ホワピェン」という機織りがとても上手な女の子。ホワピェンの織る花布は美しくて評判となり、それを聞きつけた皇帝がホワピェンを村から さらって行ってしまいます。そして宮殿の牢屋に閉じ込められてしまったホワピェン。皇帝はホワピェンに、自分のために一生宮殿で暮らして花布を織り続けろ、と命令するのですが、ホワピェンは村へ帰してほしいと訴えます。

この皇帝が本当に悪いヤツでねぇ、ホワピェンに無理難題を叩きつけるわけ。だって「生きた動物を織れ」って言うのよ。それが出来たら村へ帰してやろうって。なんて酷いヤツ!!ホワピェンは無理だと思いながらも心をこめて花布を織るんです。そうしたら、花布に織り込んだ動物の模様が 本当に花布から飛び出して・・・。


b0183566_13592044.jpg





b0183566_1357534.jpg


最後、花布から飛び出した龍は皇帝をひと呑みにして宮殿を焼き払い、ホワピェンを背に乗せ天へ昇り 姿を消してしまいます。ホワピェンは、どこへ行ってしまったんでしょう?
「天の龍神の国へ行ったんだよ」と、コタ。本当に龍神の住む国へ行ってしまったのかなぁ。


b0183566_8561822.jpg



とっても迫力のあるドラマチックな物語です。読み終えた直後、ふ~っとため息をついた子が数人。
一人の男の子が、
「おもしろいと、すぐ時間が たっちゃうよ!」
その言葉、最高に嬉しいね~!!
「本当にいいお話ですね~。おもしろかった。この紙芝居はどこで借りてきたんですか?」
と、A先生。みんなに楽しんでもらえたようで よかったです。紙芝居にハマりそう。
[PR]
Commented by う~ママ at 2011-06-20 13:02 x
紙芝居!
私も小さい頃によく見ました!
近所に紙芝居屋さんが来て、水あめを買って、水あめを食べながら!
みんなで入り込んじゃうんですよね~
懐かしい!

↓コタロウくん、成長ホルモン治療頑張ってるんですね!
こ~吉は今のところ -4.1SD です…
入園式の集合写真を見たら、他の子との大きさの違いが歴然でした(笑

2ヶ月前に生まれた従兄弟の子が、既に70cmと聞いて
ありゃ~といった感じです。
伸びる子はミルクだけでも伸びるんですね…

生後2ヶ月で70cmはでか過ぎな気がしますが…

Commented by vicolo at 2011-06-20 13:55 x
紙芝居は一話、二話のような気がします。
私も今日は4年生に読み聞かせしてきました。
相変わらず朗読^^今日は重松清よ~。
来週は支援学級の当番です。これが、また難しい・・・
1年から6年まで同じ教室だからねぇ。
さて、何を読もうか?紙芝居、良いね。
「花ぬのむすめ」探してみよっと!
Commented by melmo-44 at 2011-06-21 08:09
う~ママさんへ
う~ママさん、紙芝居屋さんの紙芝居を見たことがあるの?いいな、いいなー!!私は一度もないんだよぉ。保育園の時に先生が読んでくれたのは、おぼろげに覚えてるんだけど。「黄金バット」とかあった?そりゃもっと昔の話かな?水あめを食べながら紙芝居って、憧れだな~。子供の頃にね、水飴に憧れて 割りばしが付いてる色付きの水飴を買ってもらったことがあるの。その時ちょうどぐらぐらしている歯があったんだけど、水飴にくっついて抜けちゃったの!水飴の中に食い込んだ歯は、けっこう衝撃映像だったよ。

こ~吉くん、-4SDなんだね。コタといい勝負かも。母子手帳を見たら、コタは生後1歳半で身長70.5cm、体重7700gだったよ。でもね、当時は未熟児に対する成長ホルモン治療はなかったし、小児科の先生方も「小学5~6年生になれば追いつくでしょう」って言ってたんだよ!
それにしても生後2ヶ月で70cmって、巨大だね。市の検診で何度か巨大児を見たことがあるけど・・・正直、「ちっちゃい方が可愛いぞ!」と、思ってしまいました。ごめんちゃい!
Commented by melmo-44 at 2011-06-21 08:23
vicoloさんへ
やっぱり一話二話かしらね~!重松清は短編を読んだのかな。
vicoloさんは朗読が多いんだね。うちの読みボラの人たちは、ほとんどが絵本です。ときどき紙芝居だったり詩集だったり。そういえば思い出した!メンバーの中の数人は 朗読サークルで朗読の勉強をしているって言ってたな~。朗読も奥が深そう。

vicoloさん、次は支援なんだね!花ぬのむすめは16場面、7~8分で読めるかな。けっこういろんな学年OKかもしれない。探してみてくださーい!
Commented by vicolos at 2011-06-21 20:13
今日、図書館で見つけました。
絵本もあるかなぁって思ったけど、紙芝居だけなんだね。
借りてきました。
ムスコを実験台に紙芝居やってみよっと!
Commented by melmo-44 at 2011-06-22 08:16
vicolosさんへ
あったんだね~!そうそう、このお話は紙芝居だけみたいね。
紙芝居ってどう読めばいいのかな?って思いながら、絵本を
読むときより、セリフにはちょっと抑揚を付けてみました。
イマイチだったら遠慮せずに違う本を読んでくださいね~!

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by melmo-44 | 2011-06-17 09:25 | 絵本 | Comments(6)