内分泌外来

昨日は内分泌外来。成長ホルモン剤の注射を打ち始めて2ヶ月が経過しました。
先月の血液検査の結果は、白血球 糖尿 肝機能 腎機能 等、副作用として心配される症状に関しては異常なしでした。

「その後、様子はどうですか?前に動きが激しくなったとか、言ってたでしょ?」と、担当のS先生。
よく言えば 好奇心旺盛。一般的に言えば、いつもチョロチョロ 落ち着きのないコタロウです。何か面白いモノは ないかと、昨日も診察室の中を ウロウロ。
変わったモノを見つけると、「先生!これ、なんですか?」と 騒いでいました。
続けて先生、
「でも、成長ホルモンを打ち始めたから、急に こんな風に なっちゃったわけじゃないでしょ?」
診察室でコタロウの相手をしてくれていた看護師さん、笑いだしました。
「はい。このチョロチョロは元々です」と答えた母さんです。

「筋肉が付いて体がしっかりしてくるから、動きが活発になったってことじゃないかな」
前回もS先生から同じことを言われたと思いますが、確かにコタロウ 少し体つきがガッチリしてきたような…。でも、気のせいかな。微妙~です。
診察後、採血をして終了。帰りに調剤薬局で、成長ホルモン剤(ジェノトロピン)と注射針を受け取り、帰って来ました。

まだ2ヵ月なので成果の程は よくわかりません。今のところ副作用がないようなので、ひと安心です。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by melmo-44 | 2009-08-05 14:27 | SGA性低身長症 | Comments(0)